2014 年 11 月 29 日 のアーカイブ

名雪祐平 14年11月29日放送

141129-01 Lynda Giddens
アーサー・アッシュ

2014年、全米オープンテニス
男子シングルス決勝。

アジア人として初めて錦織圭が立った
決勝の地には、偉大な黒人プレイヤーの名が
刻まれている。

「アーサー・アッシュ・スタジアム」

アッシュは幼い頃から人種差別を受け、
ジュニアのトーナメントへの出場さえ
かなわなかった。

しかしテニスと学業に真摯な態度で取り組み、
やがて正確なテクニックと冷静なゲームメイクの実力を
身につけていった。

時代と共に試合出場の機会も増えていく。

1968年、全米オープンテニス
男子シングルス決勝。

優勝、アーサー・アッシュ。
黒人プレイヤー初の快挙だった。


topへ

名雪祐平 14年11月29日放送

141129-02
ジョン・マッケンロー

1981年、ウインブルドンテニス
男子シングルス1回戦。

紳士の国の、紳士のスポーツのコートに
ちっとも紳士らしくない若者が立った。

ジョン・マッケンロー、22歳。

マッケンローの鋭いショットがライン際で弾んだ。

アウト!

そうジャッジした審判に怒り狂うマッケンロー。
会場中に響き渡る大声で罵った。

 You cannot be serious!!
 ふざけるな!


観客の拍手とブーイングの中、猛抗議はつづく。

 おまえは世界の悪だ!

「悪童」とアダ名されたマッケンローから
悪呼ばわりされるとは審判も思いもしなかっただろう。

一球への、ものすごい執念。

この大会で、
マッケンローはウインブルドン初優勝を遂げた。


topへ

名雪祐平 14年11月29日放送

141129-03 Guillaume P. Boppe
アッシュとマッケンロー

1981年、デビス・カップ
男子テニス決勝。

アメリカチームの監督はアーサー・アッシュ。
勤勉な態度で尊敬される紳士。

チームのエースは悪童ジョン・マッケンロー。
わがまま放題の天才プレイヤー。

予想通り、二人は激しく対立した。

決勝戦で、審判や相手プレイヤーを侮辱し
国の代表としての誇りを汚すマッケンローに
アッシュは厳しく告げた。

つぎも同じことをやったら
わがアメリカチームは棄権する、と。

マッケンローは冷静になりゲームに勝ち、
アメリカを優勝に導いた。

アッシュは感じたことがあった。

 自分のなかにもマッケンローと
 同じような性格がある。

 
 私には抑えることしかできない感情を
 彼が形に表してくれている。


そう気づいたとき、マッケンローへの怒りは消え、
あたたかい敬愛に変わっていた。


topへ

名雪祐平 14年11月29日放送

141129-04
チャンと錦織

1989年、全仏オープンテニス
男子シングルス4回戦。

まだ17歳のマイケル・チャンが
当時の世界No.1、イワン・レンドルと
死闘を繰り広げていた。

チャンの足には痙攣が走り、
体力は限界。

そのとき、チャンは相手を馬鹿にするような、
アンダーサーブを打つ。

まさか。

意表を突かれたレンドルはペースを乱され、
この試合を敗退。

チャンは決勝まで進み、
史上最年少の四大大会チャンピオンになった。

2014年から、チャンは錦織圭のコーチに就任。

男子テニスのスーパースター、フェデラーの
ポスターを部屋に飾っていると話した錦織に
チャンは告げた。

 コートに入る時は
 相手に対するリスペクトは捨てろ。


2014年、錦織は
世界ランキング17位から5位に躍進した。


topへ