名雪祐平 14年11月29日放送

141129-03 Guillaume P. Boppe
アッシュとマッケンロー

1981年、デビス・カップ
男子テニス決勝。

アメリカチームの監督はアーサー・アッシュ。
勤勉な態度で尊敬される紳士。

チームのエースは悪童ジョン・マッケンロー。
わがまま放題の天才プレイヤー。

予想通り、二人は激しく対立した。

決勝戦で、審判や相手プレイヤーを侮辱し
国の代表としての誇りを汚すマッケンローに
アッシュは厳しく告げた。

つぎも同じことをやったら
わがアメリカチームは棄権する、と。

マッケンローは冷静になりゲームに勝ち、
アメリカを優勝に導いた。

アッシュは感じたことがあった。

 自分のなかにもマッケンローと
 同じような性格がある。

 
 私には抑えることしかできない感情を
 彼が形に表してくれている。


そう気づいたとき、マッケンローへの怒りは消え、
あたたかい敬愛に変わっていた。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA