礒部建多 15年2月14日放送

150214-02
王冠を賭けた恋

イギリス国王を
325日という最短の在任期間で退位した、エドワード8世。
彼は王位と引き換えに、ある女性との結婚を選んだ。

その名は、ウォリス・シンプソン。
王室には許されざる離婚歴を持っており、
また交際当時には人妻でもあったため
教会と国民から猛反発を受けた。

独身のまま国王になったエドワードは
愛する女性と結婚したいという想いを国民に説明しようと試みるが、
理解を得られず
ついに追いつめられて退位を決意。
王としての最後のスピーチを、こう締めくくった。

 愛する女性の助けと支え無しには、
 自分が望むように重責を担い、
 国王としての義務を果たすことが出来ない。


恋は人一人の人生はおろか、
一国の運命さえも左右する。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login