上遠野茜 15年5月10日放送

150510-06
母を生きた人 石川啄木の母・カツ

石川啄木の母・カツは、
病弱な息子をとてもかわいがった。

そんな母の思い出を、啄木は歌で残している。

 あたたかき飯を子に盛り古飯に湯をかけ給ふ母の白髪(しらがみ)

子供には炊きたての温かいごはんを盛り、
自分は残り物のごはんにお湯をかけて食べる。
「母の愛」と呼ぶには照れくさいほど、
さりげない母のやさしさ。

決して特別なできごとではない。
けれど、こんなありふれた日々をあざやかに切り取ったからこそ、
啄木の歌は時代も国境も越えて
今も共感されているのかもしれない。

母の平凡な愛なくして、どんな天才も生まれない。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login