澁江俊一 15年5月31日放送

150531-03
伊兵衛の口癖

今日は写真家、木村伊兵衛の命日。

ライカを手にして日本を旅し、
普通の人々の日常を鮮やかに切りとる。
スナップ写真の達人だった木村伊兵衛。

彼の口癖は、「乙なもんですね」。
しかし甲乙つけがたい、とも言われるように
「乙」とは決して最上のもの、ではない。
最上ではないものを、よしとする
それが木村伊兵衛の写真の凄さだ。

同じくライカを操り、スナップを得意とし
伊兵衛ともよく比較されたフランスの写真家、
アンリ・カルティエ・ブレッソンは
「決定的瞬間」の言葉で知られるように
1ミリも動かしようのない完璧な構図を目指した。

伊兵衛を敬愛する写真家、荒木経惟は
伊兵衛の写真を、こう語る。

 木村伊兵衛さんの写真は、

 この瞬間が最高だとかいうのではなくて、

 時間の流れっていうか、
動いてる感じがある。
 ブレッソンが「決定的瞬間」って言ってるけど、
 木村さんには「決定的瞬間」なんてないんだよ。

 そこが魅力的なんだよ。


完璧でないものにも、美しさがある。
木村伊兵衛の乙な写真術は
日本人ならではの美、とでも、言ってみたくなる。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login