2015 年 6 月 12 日 のアーカイブ

0歳10か月の育児の話し。

じろさんに試練の時がきました。

慣らし保育です!

ひと月後のおかあさんの復職に備えて、
保育室デビューが決まったのです。

がんばれじろさん!
かあさんもがんばるよ!

というわけではりきって入園した早々
長男すーさんがウイルス性胃腸炎に感染し、
当然のごとく、じろさんにうつりました。
おかげで、その後しばらく
兄弟のゲリッぴと吐しゃ物との戦いとなったのでした。

というか毎回汚い話しですみません。

で、地味に発見したのですが。
長男と次男の吐しゃ物まみれの洗濯物を
一日に何度も手洗いしているとですね、
あっという間に手が荒れるのです。
水や洗剤だけが原因ではない荒れ方です。
これ、たぶん、胃酸です。
胃酸って強力な「酸」なんだなすごいなあ…
としみじみ思いました。

しみじみしてる場合じゃないですけどね。

もうひとつ地味な余波ですが。
じろさん、ゆるゆるうんちが続きすぎて、
お尻が崩壊。
皮膚科にもいくはめになりました。
かわいそうに…。

そんな感じで兄弟そろってだったり
どちらか単品であったりしますが
日々病院に通い、お尻を洗い、洗濯物を洗い
ふたりの体調が回復したなと思ったら、
おかあさんの復職まで一週間を切っていました。

あ、慣らし保育が進んでいない…。

topへ