2015 年 6 月 7 日 のアーカイブ

大友美有紀 15年6月7日放送

150607-01
「ジューンブライド」桂由美

今日、6月7日はプロポーズの日。
ジューンブライドとは、
ローマ神話の結婚の守り神、ジュノーが守護する6月に
プロポーズすれば幸せな結婚生活を送れるという故事に由来する。

日本ブライダル協会の会長であり、
日本のブライダルファッション界の草分け的存在、
桂由美が、6月の第一日曜日を「プロポーズの日」と制定した。

 なかなかプロポーズに踏み切れないカップルの
 “きっかけの日”となってほしい。
 この日にプロポーズをサポートするイベントが
 各地で行われることを期待した。
 

プロポーズは、6月に。


topへ

大友美有紀 15年6月7日放送

150607-02 Ruskin
「舞台上のプロポーズ」英国ロイヤル・バレエ団

今日はプロポーズの日。
2008年、フィギュアスケート全米選手権で、
井上怜奈とジョン・ボールドウィンの氷上のプロポーズが話題になった。
その2年前の2006年、英国ロイヤル・バレエ団では、
舞台上のプロポーズがあったことを知っていますか。
ティアゴ・ソアレスとマリアネラ・ヌニェス。
二人が主演した『眠れる森の美女』のカーテン・コールの後、
ティアゴが舞台上でマリアネラにプロポーズした。

 マリアネラは1999年、19歳でロイヤル・バレエ団に入団。
 ティアゴは、2002年21歳で入団。
 初めて二人が出会って、マリアネラがティアゴをお茶に誘ったのは、
 彼が入団して3日目のことだった。


二人が付き合いだしたのはその1年後。
舞台上のパートナーが、人生のパートナーになったのは、
その3年後だった。

プロポーズは、サプライズを作る。


topへ

大友美有紀 15年6月7日放送

150607-03
「映画のプロポーズ」

6月7日はプロポーズの日。
映画のプロポーズシーンで有名なものがいくつかある。
1998年のアメリカ映画「ユー・ガット・メール」。
出演はメグ・ライアンとトム・ハンクス。
舞台はニューヨーク。インターネットで知り合った二人は、
現実の世界では商売上のライバル。
そのことを知らずに、メールのやり取りを重ねるうちに徐々に惹かれあっていく。
やがて二人は、お互いが、自分の求めている本当の相手だと気づく。

 コーヒーか、お酒か、食事か、映画でもどう?
 僕たちが生きている限りずっと


日本映画「ALLWAYS 三丁目の夕日」。
売れない小説家の茶川は、飲み屋の女将のヒロミに指輪の箱を差し出す。
けれど、中身は空っぽ。

 金がなくて箱しか買えなかった。
 中身はおれの原稿が高く売れたら……


そんな彼にヒロミが手を差して、
「つけて。その、いつか買ってくれる指輪つけてよ」と言う。
茶川は見えない指輪をつけ、ヒロミはその指輪を嬉しそうに見つめた。

プロポーズは、ドラマを生む。


topへ

大友美有紀 15年6月7日放送

150607-04 cogdogblog
「結婚しようよ」吉田拓郎

今日はプロポーズの日。
フォークシンガー吉田拓郎が
1971年リリースした「結婚しようよ」。

 僕の髪が 肩までのびて
 君と同じに なったら
 約束通り 街の教会で
 結婚しようよ


長髪にジーンズ、ギターを抱えて歌うスタイルは、
日本中に広まり、それまで男性が多かったコンサート会場に
若い女性たちが足を運ぶようになった。

プロポーズは、流行を作る。


topへ

大友美有紀 15年6月7日放送

150607-05
「それから」夏目漱石

今日は、プロポーズの日。
夏目漱石の「それから」には、
主人公が友人の妻に想いを告げる場面がある。

 僕の存在には貴方が必要だ。
 どうしても必要だ。
 僕はそれだけのことを貴方に話したいために
 わざわざ貴方を呼んだのです。


実生活の夏目漱石は、恋愛を感じさせない「堅物」である。
お見合いで出会った貴族院書記官の長女と、
親族の勧めもあって結婚した。
女性に宛てたラブレターも残っていない。
ただ、ある女性の死に際して詠んだ句がある。
漱石が密かに恋をし、結ばれることのなかった女性だ。

 11月13日(日)新聞で楠緒子さんの死を知る。
9日大磯で死んで、19日東京で葬式の由。驚く。

11月15日(火)晴。床の中で楠緒子さんの為に手向の句を作る。
        棺には菊抛げ入れよ有らん程
        有る程の菊抛げ入れよ棺の中


漱石は、報われなかった思いを作品に昇華させていた。

プロポーズは、傑作を作る。


topへ

大友美有紀 15年6月7日放送

150607-06
「マリア・カラス」メネギーニ

今日はプロポーズの日。
世界の歌姫ディーバと賞賛されたマリア・カラス。
26歳の時、28歳年上のメネギーニと結婚する。
イタリア、ヴェローナの実業家だったメネギーニは、
彼女に一目惚れし、彼女を支えるために、
家業を捨て、彼女のマネージャーになっていた。

 結婚式を挙げたのは、ヴェローナのフィリッピーニ教会。
 それも本堂ではなく、祭具室。
 カラスは故郷ギリシャと同じキリスト教の宗派で、
 カソリックに改宗しなかったからだ。

  
献身的なメネギーニ。
彼女に気まぐれにも根気よく付き合っていた。
しかし、美しく情熱的なカラスには初老の夫は物足りなかった。
大富豪オナシスと恋におち、メネギーニとは離別する。

プロポーズは、時に悲劇を作る。

topへ

大友美有紀 15年6月7日放送

150607-07
「果敢に」横尾忠則

美術家・横尾忠則。人生のモットーは「受け身のポジティブ」。

  なんでも、とにかく言われたことは受け入れる。
  受け入れた中で、積極的にわがままに思いっきりやる。

 
若い頃、入社した新聞社である女性と出会う。
その時ばかりは、受け身ではなく積極果敢にプロポーズした。

6月7日、今日は、プロポーズの日。


topへ

大友美有紀 15年6月7日放送

150607-08
「なりゆき」忌野清志郎

今日は、プロポーズの日。
「愛しあってるかい」と呼びかけ続けた忌野清志郎は、
結婚のきっかけを「子どもができちゃって仕方なく籍を入れた」と言っていた。
 
 だって別に籍入れなくていいんじゃないのって言ったんだけど
 それだといろいろ、生まれたときに手続きが大変だから、
 じゃあ婚姻届けを出そうかなんて。

 
彼、一流の「照れ」の表現。
付き合っていた頃、妻となる女性が出張に行ったのを
「男と金を持って逃げた」と思い込み
部屋をめちゃめちゃにした。
真剣で、愛情表現が下手だった。

プロポーズは、人生を変える。


topへ


login