茂木彩海 16年3月27日放送

160327-07 qooh
桜のはなし 桜色の着物

お酒を飲みながら目で楽しんだり、
桜餅にして舌で味わったりするのと同じように、
布を桜色に染め上げて、着物にする。
これも昔からの日本の習慣だ。

桜の染色に必要なのは、意外にも花びらではなく、樹皮や、枝。

綺麗な桜色に染め上げるには、
桜が咲く前の木を使うのが一番だという。

その理由について、染織家で人間国宝でもある志村ふくみは言う。

 1年間じっと色を貯めていた桜の幹に宿した、生命の色をいただく

ほのかに色づく桜色を身にまとえば、
儚い命の力を借りて、春の喜びをより一層感じられるだろう。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login