伊藤健一郎 16年4月23日放送

160423-03
ビールのお話 ルターの言葉

宗教改革の創始者、マルティン・ルターは、
無類のビール好きだった。

ルターは言った。

「うまいヴィッテンベルクのビールを飲む。
 すると、ひとりでに、神の国がやってくる。」


グラスを傾け、神の声に耳を傾け、
ルターは、プロテスタント教会の源流をつくった。

そんなルターの教えに忠実、というわけではなく、現代人もビールが大好き。
中には、麦芽王子と呼ばれる有名人もいるらしいが、それはまた、別のお話。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA