2016 年 6 月 18 日 のアーカイブ

厚焼玉子 16年6月18日放送

160618-01 TSUNEAKI HIRAMATSU
紫陽花 朔太郎

 こころをばなににたとへん
 こころはあぢさゐの花
 ももいろに咲く日はあれど
 うすむらさきの思ひ出ばかりはせんなくて。


前橋出身の詩人、萩原朔太郎は
心を紫陽花に例えた詩を書いた。

よころびの日の底には
さびしかったりつらかったりした思い出が
沈んでいるのだろう。

どんなに青いアジサイの花も
枯れる間際には赤みを帯びるという。

朔太郎のふるさと前橋では
明日19日からアジサイ祭りが開催される。


topへ

厚焼玉子 16年6月18日放送

160618-02 Yamaguchi Yoshiaki
紫陽花 蛍

アジサイの季節は蛍の季節でもある。

日が落ちて
川沿いのアジサイの道を行けば
輪郭もおぼろになった花の下に
いくつもの小さな光が集まっている。
ああ、これも花か。夜に咲く光の花か。

そんな情景を詠んだのだろう。
藤原定家のアジサイの歌がある。

 あじさいの 下葉にすだく蛍をば
 四ひらの数の添うかとぞ見る


ここに「四ひらの数」と詠まれた花びらは
実は花びらではなく
アジサイの萼の部分らしいのだが、
美しさを鑑賞するとき、
そんな知識は忘れておこう。


topへ

厚焼玉子 16年6月18日放送

160618-03 kazutan3@YCC
紫陽花 アジサイ寺

アジサイ寺のアジサイを植えたのは誰だろう。
アジサイの季節に
ふと、そんな疑問が浮かんだ。

北鎌倉のアジサイ寺、明月院は
第二次世界大戦後に参道を整備する杭が足りず、
杭の代わりにアジサイを植えたのがはじまりだそうだ。

丹波のアジサイ寺、観音寺は
およそ50年前のご開帳の記念に植えた1万株のアジサイが
すくすく育って
いまではアジサイ寺と呼ばれるようになっている。

松本市のアジサイ寺、法船寺は (ほうせんじ)
40年ほど前からみんなでアジサイを植えはじめた。
アジサイの花の向こうに見えるのは北アルプス。
夕焼けに染まると誰もが息を呑む。

アジサイのある風景を作ってくれた人に感謝しよう。


topへ

厚焼玉子 16年6月18日放送

160618-04 さちどん
紫陽花 アジサイ祭り

アジサイの名所を調べたら
東京だけで、あっという間に10カ所を超えた。

神社のアジサイ、遊園地のアジサイ、
植物園のアジサイ。
白いアジサイを集めた斜面もあれば
池のほとりに咲くアジサイもある。

そういえば、
上野の不忍池にもアジサイの群落があって
歩く人の目を楽しませているし
墨田川沿いの隅田公園には2kmほどのアジサイロードがあった。

ビルに囲まれて咲くアジサイは
梅雨空の下にともった灯りのようだ。


topへ

厚焼玉子 16年6月18日放送

160618-05 KYR
紫陽花 盗人

むかし、
愛知県蒲郡の形原村では(かたのはらむら)
誰にも見つからずに
他所の庭のアジサイを盗んできて玄関に吊すと
一年は災難に遭わずお金もたまるという民間信仰があった。

花の時期になると
村の人々は年に一度の盗みをする。
ときには家の人に見つかって
気まずい思いをすることもあったのだろう。

それを見かねた補陀寺(ふだじ)の住職さんが
「それなら」と言って
お寺にアジサイを植えた。
仏さまがくださるアジサイだ。
村人の罪の意識も少しは軽くなっただろうか。

いまこの村はアジサイの里になり、
補陀寺の周辺には
5万本のアジサイが咲いている。


topへ


login