波多野三代 16年6月19日放送

160619-06 pingnews.com
南極に行った猫 三毛猫のタケシ

通信室の佐久間隊員は
南極物語の中では横峰新吉として描かれている。

彼は昔から動物に好かれやすかった。
昭和基地でタケシと顔を合わせた途端、
お互いが親しみを覚え
近寄ったという。

タケシは佐久間隊員を親だと思っていたらしい。

ある日気晴らしに歩いていた時
タケシは南極の氷の上を、
肉球を真っ赤に凍えさせ
2キロも3キロも付いて来た。

夜は寝袋に潜り込み、お腹の上で眠った。

佐久間隊員の南極の夜の思い出は
お腹の上のやわらかい重みとともにあった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login