茂木彩海 17年6月25日放送

170625-04 John-Mark Kuznietsov
日記のはなし 森見登美彦の日記修行

小説家の森見登美彦は、
中学一年生の時から大学を卒業するまで、
1日1ページ日記を書くという習慣を自分に課していたという。

その量、10年間で大学ノート60冊分。

 結局、小説だって、一番最初は自分が読む、自分に読ませる。
 だから自分で読んで満足するようなものを書かないと
 しょうがないと思うんです。


自分の文章がどんな具合か。

森見さんに倣って日記で見直してみるというのも
良い方法かもしれない。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login