熊埜御堂由香 17年10月29日放送

171029-01
写真のはなし マン・レイと被写体

写真家としても画家としても活躍したマン・レイが
こんな言葉を残している。

 私は絵に描きたいと思わないものを写真に撮る。
 それは、すでに存在しているものだ。


被写体がいて、写真家がいる。
一枚の写真の中には、
その関係性が焼き付けられている。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login