四宮拓真 18年3月24日放送

180324-05 Olli Sulopuisto
フィンランドのコーヒー休憩

北欧・フィンランド。今年1月のセンター試験で、
「ムーミンの出身地」として話題になったこの国は、
実は「世界一コーヒーを飲む国」としても知られている。

浅煎りで、少し酸味があるのがフィンランドのコーヒー。
フィンランドの水は軟水で、それには浅い焙煎が合うのだそうだ。
平均すると、ひとりあたり3〜4杯ものコーヒーを1日に飲む。

フィンランドの人々は、職場や学校での休憩のことを、
カハヴィダウコ(kahvitauko)と呼ぶ。
直訳すると、「コーヒー休憩」。
コーヒーを飲もうが飲まなかろうが、
休憩とはコーヒーなのだ!という言い切りが面白い。

でも、そういえばわたしたちも、一息いれることを
「お茶する」なんて呼んでいるのだった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA