2018 年 3 月 11 日 のアーカイブ

礒部建多 18年3月11日放送

180311-01
瓜生岩子 日本のナイチンゲール

福島に、
「日本のナイチンゲール」と
呼ばれた女性がいた。
日本の社会福祉の礎を
築いたと言われる瓜生岩子だ。

戊辰戦争によって、
戦火が岩松城下まで及んでいた時、
岩子は周囲の反対を押し切り、戦地へと赴き、
負傷者の救助に当たった。

味方だけではない。
敵の負傷者も分け隔てなく看護した。
その行為を敵軍の隊長に問われた岩子は、
こう答えたと言う。

 「怪我の手当てをするのに誰の許可もいりませぬ。」

情けのすべてを、他人の為に捧げる。
その精神は、今も福島の人々の中に根付いている。



topへ

松岡康 18年3月11日放送

180311-02 かがみ~
爆発する様な表現 佐藤伝蔵

青森の夏の夜を彩る、ねぶた。

魂が宿っているかの様な、顔の表情。
今にも動きだしそうな、迫力のあるフォルム。

現代のねぶたの顔の表情を作ったのは、
実は一人の天才の手によるものだった。

昭和のねぶた師、佐藤伝蔵。

かつてねぶたの顔のフォルムは、
竹で作られていたためのっぺりとしていた。

彼は針金の柔らかさを極限にまで活かすことで、
複雑で迫力のある表情を生み出した。

伝蔵は言った。

 意識と意識がぶつかり合い、爆発するような表現が必要だ

伝蔵の意思を受け継ぐものたちの手によって、
今年も爆発するような表現が生まれる。



topへ

松岡康 18年3月11日放送

180311-03 BehBeh
親子が生んだ桃源郷 阿部一郎

ある写真家が言った。

「福島に桃源郷あり」

そうまで言わしめたのは、
福島県福島市にある花の名所花見山公園。
春にはウメ、サクラ、レンギョウなどの花々が
丘を覆う様にいっせいに咲く。

実はこの公園、個人が所有する私有地なのだ。

所有者阿部一郎が父とともに
何年もかけて山を開墾し、花木を植えて作り上げた。
阿部は出来上がった美しい風景を多くの人に見てほしいと
一般の人々に開放をした。

自らの人生を花見山公園にささげた阿部は、
花についてこう語る。

 花はね、ほめてもらえるのは一年のうち、
 ほんのわずか五日間ほど。
 あとの三百六十日は、根を下ろした場所で、じっと、だまっている。
 でも春になれば、また花を咲かせるんです。
 災害があったとしても、花は花なりに咲くんです


春はもうすぐそこ。
花見山公園の花たちが、今年も元気に咲く。



topへ

奥村広乃 18年3月11日放送

180311-04 ktanaka
阿久悠 竜飛岬の赤いボタン

青森県、竜飛岬。
津軽半島の最北端。
ここには、赤いボタンがある。

それを押すと
『津軽海峡冬景色』が流れだす。
それもかなりの大音量で。

もしもあなたが、
この歌を熱唱したくなったら
青森県の竜飛岬へ
足を運んでみてはいかがだろうか。

この歌を作詞した阿久悠も
「無駄と遠回りほど価値のあることはないのだ。」と言っている。

風の岬とも呼ばれる竜飛岬では、
天気が良いと函館までよく見えるという。



topへ

澁江俊一 18年3月11日放送

180311-05
金田一京助 アイヌ語の入口

数々の国語辞書の
編纂者として知られる金田一京助。

岩手県の盛岡に生まれ
石川啄木とも親友だった若かりし京助が
人生を賭けた研究テーマに
選んだ言葉は、アイヌ語だった。

「アイヌ語を研究するのは日本人の使命だ。」

教授からそう言われて
日本人初のアイヌ語研究者になると
心を決めた京助。
しかし文字を持たないアイヌ語は
まったく理解できなかった。

京助は考えた。
あえて訳のわからない絵を描いて見せ、
その反応からアイヌ語の「へマタ」という
言葉を聞き出すことに成功。
これは何?という意味である。

ここから膨大なアイヌ語の単語を
一つ一つ記録していった。

偉大な言語学者を一人前にした
「これは何?」という言葉も
とても偉大な一言である。



topへ

澁江俊一 18年3月11日放送

180311-06
仙台四郎 商売の神様

仙台四郎という名前を
聞いたことがあるだろうか。

誰からも好かれていた
とても愛嬌のある笑顔で
明治時代に彼が
ふらりと訪れた店は必ず繁盛すると、
新聞が取り上げるほど人気だった。

彼が亡くなった後の
大正時代にはご利益を求めて
仙台四郎の写真を飾る店が増えた。

地元の仙台では今でも
商売の神様として人々から愛されている。
商店街のポスターやCMで
ひっぱりだこの仙台四郎。

スマホで気軽にものを
売り買いすることが増えた昨今
一儲けしたいあなたは
仙台四郎の笑顔に
力をもらってみるといい。



topへ

奥村広乃 18年3月11日放送

180311-07
小山 優子 青森の青いりんごジャム

りんごといえば赤い。
そんな常識が覆されてしまいそうな
りんごジャムが、青森県にある。

「青い森の天然青色りんごジャム」。
そう、青いジャム。
空よりも深いその色は、
白神山地の青池を思わせる。

青色は、天然由来。
インドのハーブ「アンチャン」で
染められている。

「この美しい青で、頑張っている女性を癒したい」

青森で英会話教室の先生をしていた
小山優子さんが生みの親。
味は青森らしいりんご味。
透き通る宝石のようなジャムである。



topへ

礒部建多 18年3月11日放送

180311-08
淡谷のり子 じょっぱりシャンソン

津軽の人々の気性を表す言葉として、
「じょっぱり」が有名である。
強情っぱりで頑固である、と言う意味だ。

そんな言葉を正に体現した人物が、
シャンソン歌手の淡谷のり子であった。

淡谷は、服も配給制だった時代に、
ロングドレスを纏い、
アイシャドウやステージ用メイクを施していた。
決して見栄なんかではない。

大日本帝国軍から、
ノーメイクとモンペ姿で
歌うことを強いられたにも関わらず、
自分のスタイルを貫いた。

 せっかく兵隊さんたちが夢を求めているのに、
 きたならしいもんぺをはいて、
 化粧もしないで「別れのブルース」歌えますか。


淡谷のその頑なな信念に、
どれだけの兵士たちが勇気をもらったことだろう。



topへ


login