名雪祐平 18年3月31日放送

180331-05
奇跡十四ヶ月 樋口一葉

日本文学史上に輝く、
樋口一葉・奇跡の十四ヶ月。

『たけくらべ』『にごりえ』をはじめ
傑作の数々は、一葉の晩年の
驚きべき短期間に書き上げられた。

一葉の小説が載った文学雑誌は飛ぶように売れ、
森鴎外や幸田露伴といった
文壇の大作家たちは一葉の小説にとどまらず
人となりまで絶賛。

家の表札まで盗まれ、
まるでトップアイドルのような一葉。

そのさなか、肺結核という悲劇に侵された。

ハッピーエンドはまずない自分の小説のように、
一葉24歳の生涯だった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login