2018 年 7 月 1 日 のアーカイブ

佐藤延夫 18年7月1日放送

180701-01 rinia
童謡 故郷

 兎追いし 彼の山 小鮒釣りし 彼の川

日本を代表する歌、故郷を作詞したのは、高野辰之。
しかし、この曲が発表された大正時代、
文部省唱歌に作者の名前は記載されない。

彼が、北信濃に暮らす父や母を懐しみ、
ふるさとの野山に思いを馳せた歌。
契約により、この曲の作者が誰であるか、
高野は、家族にも打ち明けることはできなかったという。

今日7月1日は、童謡の日。
あなたの思い出の歌は、なんですか。


topへ

佐藤延夫 18年7月1日放送

180701-02
童謡 たなばたさま

 ささの葉 さらさら のきばにゆれる

童謡、たなばたさま。
作詞の権藤はなよは、
野口雨情に師事し、童謡や童話づくりに励んだ。
たなばたさまは、国定教科書に載せる歌として、
文部省から作詞を依頼された作品だという。

 お星さま きらきら きんぎん すなご

「金銀」というのは、夜空に広がるお星様を。
「砂子」は、金箔などを粉状にしたもので、
伝統的な装飾方法として蒔絵などに用いられている。

今日7月1日は、童謡の日。
あなたの思い出の歌は、なんですか。


topへ

佐藤延夫 18年7月1日放送

180701-03 roseロゼ
童謡 どんぐりころころ

 どんぐりころころ どんぶりこ お池にはまって さあ大変

大正時代に生まれた童謡、どんぐりころころ。
作詞の青木存義は、文部省で図書編集の仕事をしているときに
この歌をつくったという。
しかし彼の手がけた数々の唱歌は、
文部大臣の認可を受けていなかったため、
どんぐりころころが小学校で歌われるのは、
昭和初期まで待つことになる。

日本の三大童謡のひとつ、とも言われるこの歌だが、
平成になると、幻の3番が存在するという噂が流れた。

 やっぱりお山が恋しいと 泣いてはどじょうを 困らせた

この2番の終わり方があまりに寂しかったため、
平和な終わり方をする続編が創作されたそうだ。

童謡の中にあるシンプルなドラマは、
柔らかな余韻をまとい、愛されていく。

今日7月1日は、童謡の日。
あなたの思い出の歌は、なんですか。


topへ

佐藤延夫 18年7月1日放送

180701-04 篁(たかむら)
童謡 われは海の子

 我は海の子 白浪の さわぐいそべの松原に

童謡、われは海の子。
作詞、作曲者とも不詳になっているが、
児童文学者 宮原晃一郎、
または国文学者 芳賀矢一という説が有力と言われている。

果たして、この海は、どこなのか。

宮原だった場合は、彼の生まれ故郷である、
鹿児島県の鹿児島湾。
芳賀によるものなら、福井県の海になるのだろうか。

ふたつの海を、この目で確かめてみたくなる。

今日7月1日は、童謡の日。
あなたの思い出の歌は、なんですか。


topへ

佐藤延夫 18年7月1日放送

180701-05
童謡 ふじの山

 あたまを雲の 上に出し 四方の山を 見おろして

明治時代に発表された童謡、ふじの山。
作詞の巌谷小波は、
水口藩の藩医という家柄もあり
医学への道を勧められていた。
しかし彼は進学を拒否し、文学の世界に身を投じた。
児童文学とおとぎ話を執筆する傍ら、
いくつかの唱歌を作詞している。

童謡 ふじの山は、駅の発車メロディや
防災無線のチャイムなどに採用され、
地域に愛される歌になっている。

今日7月1日は、童謡の日。
あなたの思い出の歌は、なんですか。


topへ

佐藤延夫 18年7月1日放送

180701-06
童謡 赤とんぼ

 夕焼け 小焼けの あかとんぼ 負われてみたのは いつの日か

童謡、赤とんぼ。
この歌は、作詞をした三木露風の幼少時代の思い出がベースになっている。
5歳のとき両親が離婚し、露風は祖父に引き取られた。

 十五で 姐やは 嫁にゆき お里のたよりも たえはてた

「姐や」は、実際の姉ではなく、子守をしていた女中をさす。
見知らぬ土地で、両親や親しい人と離れて暮らす。
この歌に潜む、言いようのない寂しさに、
私たちは心惹かれるのかもしれない。

今日7月1日は、童謡の日。
あなたの思い出の歌は、なんですか。


topへ

佐藤延夫 18年7月1日放送

180701-07
童謡 七つの子

 からす なぜ啼くの からすは山に 可愛い七つの子があるからよ

大正10年に発表された童謡、七つの子。
作詞の野口雨情は、「赤い靴」「シャボン玉」など、
数々の名作を残している。

ときどき話題になるのが、
歌詞に出てくる「七つ」の意味。
年齢を表すのか、それとも子どもが七羽いる、ということなのか。

本当の意味を考えながら歌うと、
童謡の奥深さにあらためて気付かされる。

今日7月1日は、童謡の日。
あなたの思い出の歌は、なんですか。


topへ

佐藤延夫 18年7月1日放送

180701-08
童謡 夕日

 ぎんぎん ぎらぎら 夕日が沈む
 ぎんぎん ぎらぎら 日が沈む


大正時代に生まれた童謡、夕日。
作詞の葛原しげるは、
高校の講師として教壇に立ちながら童謡を書いた。

当初、この歌の冒頭は
「きんきん きらきら」という歌詞だったが、
当時、小学2年生の娘からこんな指摘を受けたという。

「きんきん きらきら」は、朝日みたい。
夕日は「ぎんぎん ぎらぎら」のほうが合う。

子どもの素直な気持ちが、この歌を名曲に変えた。

今日7月1日は、童謡の日。
あなたの思い出の歌は、なんですか。


topへ