佐藤日登美 18年9月23日放送

180923-03 Yohei Yamashita
月と、月見うどん

十五夜が近づくこの時期、
「月見」を冠した食べ物が街をにぎわす。
その元祖といえば、月見うどんや月見そば。

夜空に群がり立つ雲「群雲」を見立てた海苔をうどんやそばの上に敷き、
生卵を割り入れて汁と薬味を添える。
もともとは海苔と卵がセットで「月見」だったが、
今は卵だけで成立することが多い。

ちなみに、鍋焼きうどんに落とされた卵は
火が通って黄身が見えづらくなるため、「月見」とは呼ばない。

明日はお月見。
ご一緒に、海苔と生卵を乗せたうどんやそばはいかがですか。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login