2019 年 2 月 のアーカイブ

厚焼玉子 19年2月23日放送


エルガーと五人のミューズ ウインドフラワー

ミューズは芸術を司るギリシャ神話の女神だが、
芸術家が崇拝する女性もミューズと呼ばれる。

イギリスの作曲家エルガーが
45歳のときに出会ったミューズは
政治家の夫人だった。
彼女は芸術の香りがした。
エルガーは彼女をウインドフラワーと呼んだ。

エルガーは彼女にピアノ協奏曲を贈ろうと考えた。
しかし新しく作曲に取りかかっても
バレエ音楽や交響曲に流用してしまい、
とうとう未完成のままエルガーは亡くなってしまう。

ミューズを賛美するにも時間が必要なのだ。


topへ

厚焼玉子 19年2月23日放送


エルガーと五人のミューズ 謎の女性

イギリスの作曲家エルガーの変奏曲「エニグマ」は
いわば音楽による肖像画で
エルガーの家族や友人を一人づつ描く変奏曲だ。
そのモデルはひとつを除いて解明されている。

解明されていない曲のモデルには二人の候補者がいる。
謎の曲には「海」や「航海」をキーワードにする
メロディが含まれているところから
ニュージーランドへ移住した元婚約者のヘレン、
もうひとりはオーストラリアへ旅立った
エルガーのミューズ、メアリー・ライゴン。

さて、この謎が解けるのはいつのことになるのやら、



topへ

厚焼玉子 19年2月23日放送


エルガーと五人のミューズ ヴェラ

1931年11月
イギリスの作曲家エルガーは
ロンドン交響楽団とのリハーサル中に
第一バイオリンの女性と目が合った。

女性の名前はヴェラ・ホックマン。
70代の半ばのエルガーと
30代の半ばのヴェラの交際がはじまった。

妻を亡くして以来、意欲が後退していたエルガーに
再び活力が訪れた。
オーケストラを指揮し、
オペラや交響曲の注文も受けた。

エルガーの交響曲第3番は
ヴェラがいなかったらこの世になかっただろうと言われている。
ミューズは芸術家の意欲を引き出すのである。


topへ

佐藤日登美 19年2月17日放送


スープ チキンヌードルスープ

風邪をひいたときの定番料理。
日本ではおかゆやうどんを思い浮かべるが、
アメリカで外せないのはチキンヌードルスープ。

コンソメスープで鶏肉、ニンジン、玉ねぎ、セロリをやわらかく煮込み、
そこにショートパスタを加える。
タイムやセージなど、家によってはハーブも一緒に煮込まれる。

具沢山のチキンヌードルスープは栄養満点で、
なによりもからだがほっと温まる。
風邪のときにかぎらず、ちょっと元気がないときに口にする人も多い。


topへ

佐藤日登美 19年2月17日放送

City Foodsters
スープ クラムチャウダー

シアトルに、Pike Place Chowderという
行列の絶えないクラムチャウダーの店がある。

オープン当初、クラムチャウダーは看板メニューでもなんでもなく、
金曜日に出される「本日のスープ」のひとつだった。
数人いたシェフが「自分のレシピこそが最高のもの!」と言って、
毎週代わるがわる自慢のクラムチャウダーを振る舞った。

やがて、それぞれのレシピのいいところがミックスされ、
新たなハーブや具材が加わり、肉厚のアサリがほうり込まれ、
唯一無二のクリーミーな一杯ができあがった。

いまでは、シアトルの寒空の下、
世界中の人が暖かいクラムチャウダーを求めて足を運ぶ。


topへ

森由里佳 19年2月17日放送


スープ スープの始まり

やわらかな湯気をまとうスープに浸した、ちぎったパン。
口に含むと、
麦の香ばしい薫りとスープのやさしい味が
ゆっくりとあたたかく拡がってゆく。

実は、これがスープのはじまりです。

もともと保存食だったパンは、
大きなものを焼いておいて、
食べるたびに切り出していたもの。

中世ヨーロッパでは、
硬くなったパンをおいしく食べるために
野菜や豆、肉の煮汁に浸して食べていたそうです。

じんわり、ひたひた、ぽかぽか、ほっ。
今日の夕食に、そんなスープはいかがですか?


topへ

森由里佳 19年2月17日放送

hey tiffany!
スープ ブイヤベース

色鮮やかな魚にトマト、ハーブ、サフランなどをお鍋でグツグツ。
見た目にも豪華な魚介スープと言えば、ブイヤベース。
フランス・マルセイユの名物料理だ。

実はマルセイユには、ブイヤベース憲章という
マルセイユ市が定めた公式レシピが存在する。
その一部を紹介しよう。

「ブイヤベースの具材にする魚は地中海の岩礁に生息するものに限定し、
タイ、ヒラメ、オマールエビ、貝類、タコ、イカは入れないものとする」

なるほど、これでは地中海以外の国々が再現するのは難しい。
多くの店でブイヤベース「風」、とされるのもうなずける。

ウィットにとんだプロヴァンスのシェフたちの
いたずらな笑顔が目に浮かぶ。


topへ

蛭田瑞穂 19年2月17日放送


スープ オニオンスープ

ニューヨークの55丁目に、
「LA BONNE SOUPE」というフレンチビストロがある。

看板メニューは「オニオンスープ」。
焦げ目のついたグリュイエールチーズがカップをフタのように覆う。
スプーンで割って、スープをすくうと、
タマネギとフレンチバゲット、トロトロに溶けたチーズが糸を引く。
少し冷まして口に運ぶと、濃厚でコクのあるスープがたまらなくおいしい。

「LA BONNE SOUPE」とはフランス語で「おいしいスープ」。
そして「良い人生」という意味もあるという。

おいしいスープのある人生はたしかに、良い人生に違いない。


topへ

蛭田瑞穂 19年2月17日放送


スープ ボーン・ブロス

ニューヨーク、イーストビレッジの一角に「brodo(ブロド)」という
テイクアウト専門の小さなスープスタンドがある。

この店のスープはすべてボーン・ブロスと呼ばれる骨の出し汁。
鶏ガラや牛骨からとられたスープは
さらりとして飲みやすく、お腹にも重くない。
それが紙のコーヒーカップで提供される。

この2月にマイナス16度を記録したニューヨーク。
街を歩きながら飲むスープが冬のニューヨークを少しだけ暖かくしてくれる。


topへ

星合摩美 19年2月17日放送

Foodista
スープ ポトフ

フランスの家庭料理、ポトフ。

ポトフとはフランス語で「火にかけた鍋」を意味する。
料理の起源を感じさせるその名の通り、
大きめにカットした肉と野菜を煮込むだけの素朴なスープ。

具材の種類や作り方にも、堅苦しい決まりはない。
とはいえ、そこは美食の国。

食べる時は、スープはスープ皿に、肉や野菜は別の皿に盛り付け、
塩やマスタードやサワークリームなどを添え、
味の変化を楽しむのが本場の流儀だという。


topへ


login