2019 年 3 月 2 日 のアーカイブ

佐藤延夫 19年3月2日放送

Golf Resort Achental
土曜日はおいしいパンを  ブレッツェル

ドイツ発祥のパン、ブレッツェル。
ラテン語で「組み合わせた腕」を意味するように、
なるほど、女性が腕組みをしているように見える。
この愛らしい形は、
ドイツのパン屋のシンボルマークにもなっており、
国民的なパン、と言えるのかもしれない。
本場ではビールと一緒にいただくのが定番のスタイル。
パン屋さんでブレッツェルを見つけたら、ぜひビールもどうぞ。

土曜日って、
なぜか、おいしいパンを食べたくなりませんか。


topへ

佐藤延夫 19年3月2日放送


土曜日はおいしいパンを  スコーン

イギリスのスコットランド地方で生まれたスコーン。
元々はビスケットの一種で、
粗挽きの大麦粉を使って焼いたバノックがルーツとされる。
スコーンという名前だが、
スコーン城というお城で戴冠式に使われた椅子の土台の石が
Stone of Scone「運命の石」と呼ばれ、それに由来する説がある。
石のような形をしたスコーンは、
美味しく焼きあがると、側面に割れ目がきれいに入るそうだ。

土曜日って、
なぜか、おいしいパンを食べたくなりませんか。


topへ

佐藤延夫 19年3月2日放送


土曜日はおいしいパンを  バゲット

フランス生まれのパン、といえば
まず思い出すのがバゲットだ。
バゲットの意味は、見た目どおりに「棒」または「杖」。
長さは70センチ前後で、
クープと言われる切れ目が8本くらいあるのが
基本的な形だそうだ。
ちなみに、バゲットを短くして巨大化したパンは、
ドゥ・リーヴル。
バゲットとドゥ・リーヴルの中間にあたるパンは、バタール。
このフランスパン3兄弟、
パン屋さんに並んでいたら、どれにするか悩みそうだ。

土曜日って、
なぜか、おいしいパンを食べたくなりませんか。


topへ

佐藤延夫 19年3月2日放送

mind on fire
土曜日はおいしいパンを  クロワッサン

フランス語で「三日月」を意味し、
発酵したパン生地を何層にも丹念に織り込んだパンといえば、
クロワッサン。

マリー・アントワネットがオーストリアからフランスへ嫁いだ際、
同行したパン職人により伝えられたという説がある。
しかし、オーストリアの伝統的な三日月型のパン「キッフェルン」とは
そもそもパンの構造が違うので、
この話にどこまで信憑性があるのかわからない。

それはともかく、
本場フランスでは、バターを100%使用したクロワッサンは菱形。
そうでないものは、三日月型と決めているそうだ。

土曜日って、
なぜか、おいしいパンを食べたくなりませんか。


topへ

佐藤延夫 19年3月2日放送

Hopkinsii
土曜日はおいしいパンを  ブリオッシュ

フランスの甘いパンの中でも
卵とバターをたっぷり使った代表的なものといえば、
ブリオッシュだ。

フランス革命前夜、マリー・アントワネットが
食糧難で苦しむ民衆に言い放ったとされる言葉がある。
「パンがなければケーキを食べればいいじゃない。」
正しくは、
Qu’ils mangent de la brioche!
なので、ケーキではなくブリオッシュを意味する。
本当にマリー・アントワネットが言ったかどうか
真偽のほどはさておき、ブリオッシュは格別リッチなパンと言える。

土曜日って、
なぜか、おいしいパンを食べたくなりませんか。


topへ


login