松岡康 19年4月21日放送


利休の光

千利休が設計をしたといわれる、
現存するただ一つの茶室が妙喜庵の待庵だ。

この待庵、茶席はたったの二畳、
勝手と控えの間を入れても四畳半大という狭小の空間だ。

待庵はその狭さを感じさせない
ドラマティックな空間によって、
建築的にも傑作とされている。

ポイントは煤で汚れた黒い壁。

黒い壁は光をあまり反射しない。
だからこそ、窓から入る光が反射光に邪魔されず
まるでスポットライトの様に印象的に入ってくるため
亭主や茶道具を効果的に照らしだす。

マルチな才能を持った利休。
点前をドラマティックに見せるという彼はまた、
舞台演出家でもあったのだ。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login