松岡康 19年4月21日放送


戦国のリラックス法

仕事に追われる日々の中で、
自分に合ったリラックス法を持っていることは
とても大切なこと。

戦国の世を制し、天下統一を果たした豊臣秀吉。
彼のリラックス法は茶道を嗜むことだった。

抹茶に最も多く含まれているうまみ成分「テアニン」。
このテアニンを摂取すると、リラックスの指標であるα波が発生。

精神や肉体的ストレスを減少させ、
認知活動や気分が改善されるといわれている。

織田信長というかなり手ごわい上司をもっていた秀吉。
大きなストレスを抱えていたことは想像に難くない。

平均寿命が30代という戦国の世。
62歳まで生きた秀吉は、ストレスと上手に付き合っていたようだ。

現代に生きるあなたも、秀吉の様に、
リラックス法としての茶道を嗜んでみてはいかがだろうか。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login