礒部建多 19年4月21日放送


沈黙の音

騒々しい毎日の中で、
「沈黙の音」を感じられる瞬間。
それが、茶の湯。

茶の湯には、
三音という、茶を点てる時の心得がある。

釜の蓋をずらす音、
茶筅の穂を茶碗の湯に通すこと、
茶碗に茶杓をあてる音。

異説もあるが、
これ以外の音を立てないことが理想とされている。
しかし、むしろ限られた音を意識してたてるという発想に近い。

茶の湯では、言葉を使わない。
その分、音が声となる。
心遣いを、音に託すのである。

「沈黙の音」。
それは何よりも雄弁な音なのかもしれない。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login