長谷川智子 19年8月17日放送


江戸の子守歌

「江戸の子守歌」は
今から約250年前、江戸の町で歌われはじめた。
作詞、作曲は不明。

「坊やのお守りは どこへいった
  あの山超えて 里へ行った」


お盆の薮入りの日なのだろうか、
子守の娘を里に返し
母親みずから子供を寝かしつける様子がうかがえる。

この歌はテレビもネットもないこの時代に、
日本初の流行歌となって日本中にひろまった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA