山本貴宏 20年8月23日放送


色で涼をとるスペイン

緑や水を眺めたり、視覚から涼をとるのも暑さをしのぐひとつの方法。
街全体に白い壁の家が立ち並ぶ景色が特徴的なのは、スペイン南部のアンダルシアだ。
西洋漆喰が塗られているのだが、
ただ景観を美しくするだけでなく、現地で暮らす人々の暑さ対策になっている。
アンダルシアは石炭岩の産地なので、白く塗った下はレンガ壁。
土でできているレンガは湿度を調節してくれるので、
気温が高くても、気化熱が発生しやすい。
そして白は熱を反射して吸収しないため、
室内を涼しくしてくれるというとても理にかなった美しい景観なのだ。
美と快適を両立させる国スペインへ、いつかまた足を運びたい。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA