2020 年 9 月 5 日 のアーカイブ

佐藤延夫 20年9月5日放送

Pink Cow Photography
国民栄誉賞の日  黒澤明

勉強でも、仕事でも、
頑張り続けることって難しい。
ゴールが見えなくて
心が折れたとき、
黒澤明監督の言葉が、
手を差し伸べてくれる。

 これでもか、
 これでもかと頑張って、
 一歩踏み込んで、
 それでも粘ってもうひと頑張りして、
 もう駄目だと思っても
 ズカッと踏み込んで、
 そうしていると突き抜けるんだ。


今日9月5日は、国民栄誉賞の日。
黒澤明さんが受賞したのは、1998年のこと。
諦めないのも、才能のひとつ。


topへ

佐藤延夫 20年9月5日放送


国民栄誉賞の日  渥美清

目に見えないウイルスに備える。
そんな毎日は、生きることの意味を
あらためて考える機会になった。
とはいえ、生きてるって、なんだろう。

フーテンの寅さんは、こんなことを言っている。

 なんと言うかな。
 ああ、生まれてきて良かった、
 そう思うことが何べんかあるだろう。
 そのために生きてんじゃねえか。


今日9月5日は、国民栄誉賞の日。
渥美清さんがこの賞をもらったのは、1996年のこと。
生きる幸せは、ふとした瞬間にある。


topへ

佐藤延夫 20年9月5日放送

Mainichi Shimbun
国民栄誉賞の日  長谷川町子

炎上。誹謗中傷。
誰かが誰かを攻撃する。
その様子を対岸から眺める。
SNSは、そんな日常を当たり前にした。

漫画家の長谷川町子さんは、
こんな言葉を残している。

 社会の歪みや不安というものを、
 私たちは単なる社会問題と見て、
 それが自分たちの悪意や、自己中心の大きな集積であることを、
 忘れがちであります。


今日9月5日は、国民栄誉賞の日。
長谷川町子さんが受賞したのは、1992年のこと。
およそ30年前の言葉が、この時代に突き刺さる。


topへ

佐藤延夫 20年9月5日放送


国民栄誉賞の日  王貞治

何が起こるかわからない。
そんな当たり前のことを思い知らされた年。
ふと考えてしまうのは、
自分の人生について、だったりする。
これまでのこと。
これから先のこと。

もしも、ちょっと思い悩んでしまったら、
一度立ち止まって、
道を極めた人の言葉に耳を傾けてみよう。
たとえば、王貞治さんの場合。

 僕は、人生は円だと思ってきました。
 朝があれば、昼があり、夜があって、朝がくる。
 季節で言えば、春、夏、秋がきて。
 これはもう止めようがありません。
 人間もサイクルみたいなものがあって、
 調子がいいときもあれば、悪いときもある。


今日9月5日は、国民栄誉賞の日。
日本の国民栄誉賞第一号、世界のホームラン王は、
いつでも自然体だ。


topへ

佐藤延夫 20年9月5日放送


国民栄誉賞の日  植村直己

あなたは、なにが欲しいですか。
愛。お金。名誉。それとも・・。

人の欲望は果てしないけれど、
突き詰めると、それはもっと単純なことなのかもしれない。

冒険家の植村直己さんは、
こんな言葉を残している。

 人の生きる本当の価値は、
 お金や肩書きなどではなく、
 夢を追い求め、
 一瞬一瞬を精一杯生きることにあります。


今日9月5日は、国民栄誉賞の日。
植村直己さんが受賞したのは、1984年のこと。
綺麗事を飛び越えた美しさが、この言葉に込められている。


topへ