2020 年 9 月 26 日 のアーカイブ

名雪祐平 20年9月26日放送


パニック 笑い病

笑いすぎて、息もできない。

1962年、タンザニアのカシャーシャ村で
発生した、笑い病。

一人の女子生徒がジョークを飛ばして
数人の笑いが止まらなくなり、
生徒、教師に爆発的に感染し、学校閉鎖の事態に。
すぐに村全域が冒され、30km離れた村まで広がり、
1000人以上が笑い苦しんだ奇病。

いったい、最初のジョークは何だったのか?
わかれば、仏頂面のあの人にプレゼントしたい。


topへ

名雪祐平 20年9月26日放送


パニック 踊りのペスト

踊ろうよ、絶命するまで。

それは「踊りのペスト」と呼ばれた。

1518年、フランスのストラスブール。
フラウ・トロフィアという女性が
突然、村の通りで踊り出した。
気絶するまで踊り、意識が戻っては踊り……。

その狂気は、1か月後400人以上に伝染。
不眠不休で踊り狂った末、
餓死、衰弱、心臓発作などで100人近くが死亡した。

なぜ、人間は死ぬまで踊りたがるのか?
その原因はまだ解明されていない。


topへ

名雪祐平 20年9月26日放送

prelude2000
パニック 結束

富士山は命を奪う。

1980年夏、富士山で落石事故があった。
死亡者12人、重軽傷者29人。

直径1〜2mの岩石約50個が
斜面を地響きをあげて落下。
下山中の人たちをつぎつぎとなぎ倒した。

パニックの中、無傷の親子3人がいた。
下に逃げず、逆に上の落石方向を向いた。
父親を先頭に、母親、小学三年の息子で
タテ一列。

右! 左! 叫ぶ父に合わせて、
母親と息子は左右に跳び、岩をかわしつづけた。

パニックへの冷静な判断と
結束した行動が、命を救った。


topへ

名雪祐平 20年9月26日放送


パニック デマ

1973年、女子高生のたわいない冗談が
市民を巻き込む大騒動へ発展した。

愛知県・豊川信用金庫への就職が決まった
女子高生を、ともだちが軽い気持ちで
からかった。
「信用金庫はあぶないよ。強盗が入るから」

からかわれた女子高生が
その話を親戚に伝えると、いつのまにか
話がすり替わってしまった。
「信用金庫は、経営状態が危ない」

親戚から親戚、近所から近所、
信用金庫倒産のデマが広がってしまい、
またたく間に20億円の貯金が引き出される
パニックとなった。

きょうのtwitterに、
似たようなデマが紛れ込んでいるかも?


topへ

名雪祐平 20年9月26日放送

nakashi
パニック 隣人

世界の新型コロナウイルスの感染者数、
約3000万人。
けれど、わたしたちはいま、
パニックに浮足立っているだろうか?

ノー。わたしたちは毅然と、希望を捨てずにいる。

春、イタリアの住人たちが窓の外に向かって
いっしょに歌い、励まし合ったように。

世界中の医師や看護師たちが、
いまも献身的な仕事を続けてくれているように。

無数の寄付があつまり、
無名のボランティアたちが行動してくれたように。

わたしたちも、だれかを思い、守っている。

これから深刻な事態があるのかもしれない。
それでもわたしたちは、
隣人を思うことを決してやめないだろう。


topへ