Vision

大友美有紀 17年5月7日放送

170507-02
「女の一生」キュリー夫人 24歳

 その人は、女だった。
 他国の支配を受ける国に生まれた。
 貧しかった。美しかった。


キュリー夫人の次女が記した伝記の一節。
ロシアに支配されるポーランドに生まれ、
家庭は経済的に困窮していた。
パリで医師を目指す姉のために、
家庭教師として6年間働き、
稼いだお金は仕送りをした。
医師になった姉が、彼女をパリに呼び寄せた。

 長旅が終わって、汽車の煙がたちこめる北駅に降り立ったとたん
 大国の支配によるしめつけが、不意に解けたのを感じた。


その時、24歳。
ここから、キュリー夫人への道、2度のノーベル賞のへの道が始まった。


topへ

大友美有紀 17年5月7日放送

170507-03
「女の一生」ビアトリクス・ポター 27歳

1866年、ロンドン生まれ、父は弁護士、祖父は国会議員。
裕福な家庭に生まれたビアトリクス・ポター。
ピーターラビットの作者。
幼少の頃から、毎年夏の数ヶ月は避暑地で過した。
16歳の時、避暑で訪れた湖水地方は、
彼女が一生をかけて愛し、守った土地になった。
27歳の夏、ロンドンの知人の息子が病気で寝ているのを知って、
避暑地から手紙を送った。
 
 ノエル君、
 あなたに何を書いていいかわからないから、
 4匹の小さなウサギのお話をしましょう。
 4匹の名前はフロプシーに、モプシーに、
 カトンテールに、ピーターでした。

 
これがピーターラビットの原型。
本格的な本を出版するのはそれから8年後、35歳の時だった。
湖水地方に出会い、湖水地方でピーターラビットを生み出し、
彼女は今、湖水地方で眠っている。


topへ

大友美有紀 17年5月7日放送

170507-04
「女の一生」森英恵 35歳

ファッション・デザイナー森英恵は35歳の時、悩んでいた。
2軒の店と映画衣裳の仕事、夫と2人の子ども。
精力的に活動していたが、身心ともに疲労困憊。
家庭に入ることも考えていた。
しかしその時、英恵は1ヶ月休みをとってパリへ行く。
そして、ココ・シャネルのコレクションに強く興味をそそられ、
シャネルスーツを仕立てたいと思った。

 カネオクレ

英恵は夫に電報を打った。
3日後、金は届きシャネルの店を訪ねる。
東洋からの客は初めてで、ココは英恵のまっすぐな黒髪を褒めた。
シャネルスーツの仕立てを体感した。
森英恵はふたたび仕事にやりがいを見出した。
辛い時には思い切ったリセットを。


topへ

大友美有紀 17年5月7日放送

170507-05
「女の一生」アガサ・クリスティー 37歳

ミステリーの女王、アガサ・クリスティー。
デビューは30歳。2作目、3作も順調に売れ始め、
娘と金融業の夫と広い邸宅に住み、ゴルフをし、
秘書を雇い、犬を飼い、順風満帆な生活を送っていた。
けれど幸せは長く続かない。アガサの母が死去。
その後始末でうつ状態になっていた時に、
夫に離婚を切り出される。結婚生活は破綻。
娘と秘書の3人でカナリア諸島に向かった。
母の死後、書く楽しさがなくなっていた。
 
 この時がわたしにとってアマチュアから
 プロへ転じた瞬間であった。
 プロの重荷をわたしは身につけた。
 それは書きたくない時にも書くこと、
 あまり気に入ってないものでも書くこと、
 そして特によく書けていないものでも書くこと


アガサ37歳。生活のために書かなくてならなかった。
おかげで私たちは、あれだけの作品を楽しむことができている。


topへ

大友美有紀 17年5月7日放送

170507-06
「女の一生」長谷川町子 47歳

国民的人気漫画「サザエさん」は、新聞の連載漫画だった。
子どもからお年寄りまで、日本全国の人が読む漫画を毎日描く。
想像もできないプレッシャーだろう。
作者の長谷川町子は、47歳の時、胃がんを患う。
本人に病名を隠したまま、入院、手術。治療は成功した。
町子の健康を心配した家族は、仕事をやめるよういつも言った。

 でもね、いい作品ができた時の嬉しさや満足感は
 あなたたちの誰にもわからないわ。


日曜の夕方のいつもと変わらない「サザエさん一家」。
長谷川町子の強い創作意欲が支えていた。


topへ

大友美有紀 17年5月7日放送

170507-07
「女の一生」市川房枝 52歳

女性の参政権、男女差別の撤廃を求める運動で
知られた市川房枝。
第2次世界大戦が終わり、マッカーサーが
日本の民主化を進めるための改革を提示。
市川房枝、52歳の時、婦人参政権が与えられた。
その後の総選挙では、女性議員が39名誕生。
マッカーサーにお礼に行った女性議員もいた。

 お礼に行くならアメリカなりイギリスで
 婦人参政権運動を一所懸命やって
 男女平等を認めさせそれ以来、
 民主主義に男女平等が入るようになったんだから、
 感謝するならむしろそういう人たちに感謝すべきだ。


婦人参政権はアメリカから与えられたもの。
けれどもそのかげには市井の活動家がいたことを
市川は、けして忘れなかった。


topへ

大友美有紀 17年5月7日放送

170507-08 thorgilsv
「女の一生」「女の一生」オノヨーコ 84歳

ビートルズを解散させた女、
として世界中から非難されたオノヨーコ。
ジョン・レノンの死後も、
バッシングやストレスにさらされてきた。

 私は70年かけて健康になったのだと思っています。
 
さまざまな苦しみや悲しみや恨みがあって、
それが身体の中でコブになっても、

 その硬くなっているコブを70年かけて、
 ゆっくりと溶かしてきました。


オノヨーコは苦しみから逃げることなく、
向かい合って自分のものにしてきた。
今年84歳、その強さに憧れる。


topへ

佐藤延夫 17年5月6日放送

170506-01
天才の嗜好 オリヴァー・ヘヴィサイド

イギリスの物理学者、オリヴァー・ヘヴィサイド。
電子回路設計と電磁気学のベクトル解析の基礎を築き、
1912年には、ノーベル賞の最終候補にまで残っている。
薄茶色の髪、口ひげをたくわえ
鋭い目つきをしており、見た目は英国紳士。
そんな男だが、変人だった。
極度の人嫌いで、部屋に閉じこもったまま。
食事はトレイに乗せてドアの前に置くように命じた。
暗闇を好み、締め切った屋内での作業を愛し、
さらにその部屋を、うだるように暑くした。
天才とは、紙一重なのである。


topへ

佐藤延夫 17年5月6日放送

170506-02
天才の嗜好 サミュエル・ジョンソン

18世紀の作家、サミュエル・ジョンソン。
シェイクスピアにまつわる多くの著作や、
英語辞典の編纂などで名を馳せ、
当時のイギリスで彼を知らない者はいなかった。
そんな男だが、変人だった。
食べ物を目の前にすると、飢えたライオンのように貪り食う。
また、道を歩きながら全ての柱に触り、
ドアを開ける際には、決まった歩数ぶん離れたところから飛び込んだという。
ただ、独特のユーモアは持っていた。
彼の英語辞典の一部を紹介しよう。

麦:イギリスでは馬の餌になっている穀物だが、
  スコットランドでは人間の食料になっている。


topへ

佐藤延夫 17年5月6日放送

170506-03
天才の嗜好 ジェレミ・ベンサム

イギリスの哲学者、ジェレミ・ベンサム。
彼の才能は幼少期に開花した。
3歳でイギリスの歴史を理解し、
5歳でギリシャ語とラテン語を読み、
15歳でオックスフォード大学を卒業した。
彼の発表した、政治と経済に関する数多くの著書は、
政治家を唸らせるほどのものだったという。
そんな男だが、変人だった。
彼の友達は、おびただしい数のネズミで、
放っておけば何時間でも撫でていたそうだ。
そして家庭用品に人間の名前をつけた。
ティーポットは「ディック」、
ステッキは「ダップル」と呼んでいた。
彼のミイラ化した遺体は、ロンドン大学に展示されている。
もちろん彼の遺言どおりの処置である。


topへ


login