Vision

大友美有紀 18年12月2日放送

181202-05 Peter Forret
「アルゼンチン」タンゴ

日本とアルゼンチンの外交関係が始まって
今年で120周年。アルゼンチンといえば「タンゴ」だ。
日本では、タンゴは官能的なダンスだと思われているが、
現地では少し違うようだ。
ブエノスアイレスのタンゴサロンでは、
年配の男女が、自然な動きでステップを踏んで楽しんでいる。

タンゴは、もともと場末の酒場で演奏されていた音楽であり、
不満や希望、失恋や恋物語が歌われる、貧困階級の音楽だった。
喧嘩のかわりに、男同士で踊ることもあった。

それが1913年頃、フランスで紹介され、
ヨーロッパで高い評価を受けた。
そして世界中に広まっていったのだ。

タンゴの、どこかしら哀愁のある響きには、
その歴史が隠れていたのだ。


topへ

大友美有紀 18年12月2日放送

181202-06
「アルゼンチン」ガウチョ

若い女性たちが好んで穿くガウチョパンツ。
裾が広がった七分丈ぐらいのワイドパンツ。
南米のカウボーイが穿いていたパンツに由来するというが
そのルーツはアルゼンチンにある。
正確に言うと「ガウチョ」はカーボーイではない。
18世紀末に大草原地帯バンパに住んでいた、農村の人々。
一般的な社会生活に反抗し、馬の扱いが上手で
定着を嫌い、移動生活をしていた人々のこと。

ガウチョは、南米の在来言語・ケチュア語のワッチュ、
流浪の民や孤児という意味の言葉が変化した呼び名。

アルゼンチンの大草原で馬を走らせていた人々の呼び名が
2世紀を経て、日本ではつらつと生きる女性たちの
最先端のファッションとなった。

日本とアルゼンチンの外交関係が樹立されて、
今年で120周年。


topへ

大友美有紀 18年12月2日放送

181202-07 Du Monde Dans L’Objectif
「アルゼンチン」マテ茶

アルゼンチンの国民的飲み物、マテ茶。
近年、その健康効能が注目され、飲むサラダとも呼ばれている。
アルゼンチン人は肉食が多い。野菜不足を補うために
200年ほども前からマテ茶を飲んでいたと言われている。
けれど、健康を意識して飲んでいたのかは定かではない。

アルゼンチンでは、家に遊びにいくと
金属製のストロー「ボンビージャ」で飲むマテ茶を出してくれる。
友情のしるし、信頼の証として、
ボンビージャで回し飲みをするしきたりがある。

日本のハーブティーショップでもよく見かけるマテ茶。
今年は日本とアルゼンチンの外交関係が始まって120周年。
ボンビージャで回し飲みをするような友情は生まれただろうか。


topへ

大友美有紀 18年12月2日放送

181202-08
「アルゼンチン」パタゴニア

南米大陸にあるアルゼンチン。
その中部から南部にかけて広がる地域が
パタゴニアだ。
高級アウトドアブランドの名としてなじみ深い。
大航海時代、この地を訪れた冒険家マゼランが
先住民族の足の大きさにおどろき
「パタゴネス」と呼んだのが始まりだった。
年間を通して、強い風が吹く地域。
氷塊や氷壁がくずれおちる氷河、
フラミンゴやペンギン、アシカなどの野生の動物。
切り立った山岳地帯、希少な植物も見ることができる。
遠い、地図にも載っていない、架空の国のような場所。

日本とアルゼンチンの外交関係樹立から、
今年で120周年。
パタゴニアは確かにそこにある


topへ

佐藤延夫 18年12月1日放送

181201-01 balise42
Christmas Sweets シュトレン

切り口がトンネルのような形をしているため、
ドイツ語で「坑道」という意味を持つ。
それはクリスマス定番のお菓子、シュトレン。
洋酒に漬け込んだドライフルーツ、
ナッツなどが練りこまれ、
表面には真っ白な粉砂糖がまぶされる。
クリスマスの4週間前から薄くスライスして食べるのが
本場ドイツの習慣となっている。

一気に、ではなく、少しずつ楽しむ。
さすがヨーロッパのクリスマスは、歴史が違う。


topへ

佐藤延夫 18年12月1日放送

181201-02 RGloucester
Christmas Sweets ダンディー・ケーキ

焼いたバターケーキの上には、アーモンドが放射線状に並ぶ。
イギリスのクリスマスで定番のお菓子といえば、
ダンディー・ケーキが挙げられる。
スコットランドのダンディー地方で生まれたケーキは、
オレンジの風味が特徴だ。
18世紀、地元のマーマレードメーカーが、
当時手に入りやすかったオレンジとアーモンドを使ったケーキを考案し、
ブームになったという。

流行も、長く愛されると、伝統になる。


topへ

佐藤延夫 18年12月1日放送

181201-03 John Orford
Christmas Sweets クリスマス・プディング

イギリスのクリスマス。
デザートには、クリスマス・プディングが登場する。
プラム・プディングとも呼ばれるが、
材料にプラムは含まれていない。
一般的なプリンとは違い、
ずっしりと重く、濃厚な味わいを持つデザートだ。
材料には、レーズンなどのドライフルーツ、
スエットという牛のケンネ脂、
ブランデーなどのアルコール、
シナモンやナツメグなどのスパイスが加えられる。

ちなみに15世紀には、牛肉や玉ねぎなどで
作られていたそうだ。


topへ

佐藤延夫 18年12月1日放送

181201-04 Mitantig
Christmas Sweets ビュッシュ・ド・ノエル

フランス生まれのクリスマススイーツといえば、
ビュッシュ・ド・ノエル。
クリスマスの薪、という意味だ。
丸太や薪をクリスマスに燃やす風習は
昔からヨーロッパ各地にあり、
その炎には神秘的な力が宿ると信じられていた。
ビュッシュ・ド・ノエルがお菓子に変わったのは、
19世紀後半と言われている。
「クリスマスが終わっても、希望の炎は消えないように。」
大きな暖炉も、本物の丸太もいらないお菓子にすれば、
どんな家庭でも、その願いは叶えられる。

今や世界中で、クリスマスの美味しい丸太が出回っている。


topへ

佐藤延夫 18年12月1日放送

181201-05 Nicola from Fiumicino (Rome), Italy
Christmas Sweets パネットーネ

イタリアのクリスマスで代表的なスイーツは、
ミラノ生まれのパネットーネ。
ドーム型の柔らかい菓子パンで、
レーズン、オレンジピールなど
ドライフルーツが混ぜ込まれている。
生地は、イースト菌ではなく、
仔牛の小腸からとれるパネットーネ酵母で発酵させる。
天然の保存料にもなるため、常温で3ヶ月もつという。
最近は日本でも手に入りやすくなった、パネットーネ。

今年はミラノ風クリスマスを楽しんでみませんか。


topへ

薄景子 18年11月25日放送

181125-01
靴のはなし ハイヒールのルーツ

ハイヒールというのは、
おでこにキスされた女性が発明したもの。


そう言ったのは、アメリカの作家、クリストファー・モーレー。

なんてロマンチックな言葉だろう。
しかし、実際のルーツには諸説あり、
ファッションとしてのハイヒールが生まれたのは16世紀のこと。

太陽王と呼ばれたルイ14世が
背を高く見せるために履きはじめ
脚線美を競うのに欠かせないアイテムに。
「ルイヒール」と呼ばれたその靴が
今のハイヒールの原型となる。

意外にも女性の靴として
定着したのは20世紀に入ってから。
足元を魅せるファッションの広がりとあわせて、
ハイヒールは世界に広まっていく。

コツコツと鳴る高い音。
あぶなげでセクシーな曲線美。
ハイヒールは、もはや女性そのものより
女の魅惑を秘めている、かもしれない。


topへ


login