Vision

佐藤日登美 17年7月9日放送

170709-05
叫び 花の叫び2

きれいなまま捨てられる運命にある装飾花をクリエーティブに再生させる、
「SHY FLOWER PROJECT」。

その活動は、花の「救出」からスタートする。
結婚式場や会社の受付などへ赴き、廃棄花を回収。
ドライフラワーや押し花に加工し、新たなアート作品として生まれ変わらせる。

発起人である古橋あや香は当初160軒の花屋に電話したが、
棄てる花を譲ってくれたのはたった1軒だった。
でも、そこからがはじまり。
今ではワークショップやコラボレーションの依頼があとを絶たない。

古橋は言う。

 「わたし、執着心が強いんです」

声なき花の叫びが聞けるのは、勢いと情熱があるからこそ。


topへ

佐藤日登美 17年7月9日放送

170709-06
叫び 花の叫び3

「助けてと叫ぶ事のできないすべての花のために」をコンセプトに据える、
「SHY FLOWER PROJECT」。
廃棄される花を回収し、アート作品として再生させる活動だ。

代表の古橋あや香は言う。

 私たちの活動を通じて、すべてのお花を救えるとも、
 このプロジェクトが世界を変えるとも思っていません。
 ただ、大量の生花が捨てられている事実を知り、
 いままで当たり前に捨てていたもの、
 当たり前に無駄にしていたものを、
 ちょっと見つめ直していただけるとうれしい。


古橋が聞いたのは、花の叫び。
耳をすませば、自分の周りにも
声なき叫びを発しているものがいるかもしれない。
それに気付くことも、また才能。


topへ

蛭田瑞穂 17年7月9日放送

170709-07
叫び リンゴ・スターの叫び

1968年にリリースされたビートルズのアルバム、
『The Beatles』に収録された「Helter Skelter」。

今までのビートルズにはない激しい曲をつくりたい。
ポール・マッカートニーはそう考え、
「Helter Skelter」を作曲した。

この曲は最後、リンゴ・スターの絶叫で終わる。

 I’ve got blisters on my fingers!
 指にマメができちまった!


それはドラムを激しく叩きすぎたためにできたマメ。

ビートルズの4人がどれほど激しい曲をつくろうとしたか、
その叫び声が物語る。


topへ

蛭田瑞穂 17年7月9日放送

170709-08
叫び ジョン・レノンの叫び

ビートルズのデビューアルバム『Please Please Me』は
メンバーがスタジオに10時間こもり、たった1日で完成させた。

当日ジョン・レノンは風邪をひいていた。
アルバムの最後の曲「Twist and Shout」を収録する頃には
声がつぶれる寸前だった。

その時のことをジョンはこう振り返る。

 最後の曲で死にそうになった。
 何か飲み込むたびにヤスリをかけられているみたいでさ。


しかし、それが功を奏する。
声を振り絞り、激しくシャウトするジョンの歌声によって
「Twist and Shout」はカバー曲にもかかわらず、
ビートルズ初期の代表作となった。


topへ

伊藤健一郎 17年7月8日放送

170708-01 dryden.
プロポーズの話 柳沢慎吾

コメディアン、柳沢真悟。
ひとり警視庁24時、ひとり甲子園など、持ちネタを挙げればきりがないが、
彼の決め台詞と言えば、去り際に言い放つ「あばよ!」だろう。

そんな柳沢は、1992年。
6年交際した一般女性に、こんな言葉をおくった。

「オイ、いい加減、あばよと言わすなよ! 一緒にいい夢見てゆこうよ」

去り際の決め台詞だった「あばよ!」は、
二度と彼女のもとから去らないための決め台詞になった。


topへ

伊藤健一郎 17年7月8日放送

170708-02
プロポーズの話 猫ひろし

お笑い芸人、猫ひろし。
その名の通り「ニャー!」と叫ぶ猫マネを鉄板ネタに持つ彼は、
2006年に一般女性と結婚している。

出会った当初から「猫まっしぐら」で猛アタックをかました猫。
彼女へのプロポーズは、こんな一言だった。

「僕の飼い主になってください」

猫の渾身の一言を受けとった彼女は、こう返事したという。

「ニャー」


topへ

伊藤健一郎 17年7月8日放送

170708-03 nakashi
プロポーズの話 大柿一真

騎手、大柿一真。
彼は、とあるレースで一躍、注目の的になった。

それは2011年9月22日、第13回園田プリンセスカップでのこと。
その日、大柿は、重賞初騎乗、初勝利を決めた。

しかし、勝利者インタビューにのぞむ大柿は、
嬉しさを爆発させるどころか、緊張して青ざめている様子。

それもそのはず、彼の口をついた言葉は、意外なものだった。

「僕でなんですが、僕と、結婚してください」

レースで勝ったら、勝利の舞台でプロポーズすると決めていた大柿。
無論、見事にゴールインを決めた。


topへ

伊藤健一郎 17年7月8日放送

170708-04
プロポーズの話 伊集院光

豊富な雑学を武器に活躍するタレント、伊集院光。
ラジオパーソナリティーとしても活動する伊集院は、
なんといっても聞き上手。

だからだろう。
多くの恋愛を見聞きした彼は、1995年、
最愛の人にこんなプロポーズをした。

「恋愛なんて所詮勘違い。だったら僕と60年間勘違いしてみませんか」

結婚して10年。
相変わらず、伊集院は妻にぞっこん。勘違いし続けている。


topへ

伊藤健一郎 17年7月8日放送

170708-05
プロポーズの話 本木雅弘

俳優の本木雅弘は、1995年に、内田也哉子との結婚を決めた。

年齢差は10歳。
本木がすでにトップスターとして活躍する中で、
也哉子はまだ学生、海外に留学していた。

海を越えた遠距離恋愛。
古風にも、彼らの愛を育んだのは文通だったという。

これは、本木がしたためたプロポーズの言葉。

「私には白髪のあなたが想像できるし、
 そういうあなたが愛おしいと思える気がする。
 今すぐじゃなくても、いつか結婚という選択肢が現れたとき、
 私もそこに入れてください」



topへ

大友美有紀 17年7月2日放送

170702-01
「抒情画家・漫画家・そして/松本かつぢ」少女雑誌

松本かつぢ、少女漫画の先駆けとなる
「くるくるクルミちゃん」の作者。
昭和のはじめ、少女雑誌が華やかだった時代に、
中原淳一と人気を二分した抒情画家でもある。

 ヨーロッパ的なおすまし屋の夢見る少女は、 中原淳一派。
 アメリカ的なお茶目で明るい少女は、 松本かつぢ派。

かつぢの活躍は、抒情画だけでなく、漫画、
童話画、幼児向けのグッズと、実に多彩だった。


topへ


login