奥村広乃 19年8月18日放送

kazutan3@YCC
わっしょい

「わっしょい わっしょい」

お神輿を担ぐ時の、あの威勢のよい声。

この掛け声の由来は諸説あるという。

お神輿はみんなで一つになって背負うもの。
みんなが「和して背負う」。
そこから「わっしょい」に転じたという説。

お神輿に神様が降りてきてくださったという意味の
「和上同慶(わじょうどうけい)」の
「和上」が変化したという説。

ヘブライ語の「主の救いが来る」を意味するフレーズに
由来するという説。
なんでも「わっしょい」に発音が近いのだとか。

「わっしょい わっしょい」

理由はわからずとも
声に出せば元気が出てくる。
なんとも不思議な言葉である。


topへ

松岡康 19年8月18日放送


花火大会のはじまり

夏のお祭りといえば花火大会。

大空という大画面に、大迫力の光の演出。
日本人は花火が大好きだ。

しかし、この花火大会、
なぜ夏に行われるのかを知っている人は
少ないのではないだろうか。

花火大会のはじまりは、
送り盆の時期に、魂の鎮魂のために打ち上げられたものだといわれている。

もともとは先祖をお送りする送り火のための花火だったのが、
いつしか夏のイベントに育っていったのだ。

花火を見ると切なくなる気がするのは、
そういった歴史があるからかもしれない。


topへ

奥村広乃 19年8月18日放送

Tomomarusan
縁日

お祭りと聞くと
「縁日」を思い浮かべる人も多いのでは。

神社の境内に並んだ数々の屋台。
威勢のよい客引きの声。
イカ焼き、わたあめ、ベビーカステラ、お好み焼き。
いろんな音や香りが混ざり合った、
なんとも言えないノスタルジックな空間。

ゆかりのある日、と書いて縁日。
この日にお参りをすると神仏とご縁が結ばれ、
より多くのご利益があるのだとか。

屋台を楽しむのもいいけれど、
縁日の時は心穏やかにお参りしてみては。


topへ

長谷川智子 19年8月17日放送


里帰り

去年の今日、
首都圏へ向かう高速道路は大渋滞だった。
お盆に帰省した人たちのUターンラッシュだ。

ところで、「お盆に里帰り」という言葉を
よく聞くようになった。
もともと「里帰り」は
もとは、女性が結婚後はじめて実家に帰ることをさした言葉だが、
近ごろではお盆や年末年始の帰省も
里帰りと呼ぶらしい。

今年は帰省した人の12%が
今日のUターンを予定しているそうだ。


topへ

長谷川智子 19年8月17日放送


伊藤若冲の里帰り

「30年が一日のように過ぎた」
江戸時代の絵師、伊藤若冲はその後半生を絵にささげた。

若冲は絵師になりたいがために
40歳で家督を弟に譲ってしまった。
死後の供養のことまで算段しているのを見ると
実家との交わりは薄かったのかもしれない。

世界でも高く評価される伊藤若冲。
海外に渡った作品のうち90点あまりが、
この秋、日本(の出光美術館)に里帰りする。

しかし。若冲のふるさとは、
絵の中にこそあるのかもしれない。


topへ

長谷川智子 19年8月17日放送


大黒屋光太夫の里帰り

「優曇華(うどんげ)の花」
3000年に一度咲くという伝説の花。

この花にたとえられるほど、困難な里帰りがあった。

江戸末、伊勢から船出した大黒屋光太夫一行は、
嵐のためロシアへ流れつく。
帰国願いが女王エカテリーナ2世に認められ、
やっと北海道まで帰ってくるまでが10年。
無事に帰国できたのは16人中わずか3人だった。

まさに優曇華の花。

光太夫がふるさと伊勢に里帰りするまで、
さらに10年の月日を要する。


topへ

長谷川智子 19年8月17日放送


江戸の子守歌

「江戸の子守歌」は
今から約250年前、江戸の町で歌われはじめた。
作詞、作曲は不明。

「坊やのお守りは どこへいった
  あの山超えて 里へ行った」


お盆の薮入りの日なのだろうか、
子守の娘を里に返し
母親みずから子供を寝かしつける様子がうかがえる。

この歌はテレビもネットもないこの時代に、
日本初の流行歌となって日本中にひろまった。


topへ

長谷川智子 19年8月17日放送


峠の我が家

「峠の我が家」のメロディを聴いて
私たちが思い描くのは
小さな家が建つ山間のふるさと。

しかし、この歌のふるさとはアメリカ・カンザス州。
空晴れわたる大地に、
バッファローやシカがたわむれる大平原が歌われ
山や峠は全くない。

Home, home on the range
Where the deer and the antelope play

ふるさとを思う心は同じでも、目に浮かぶ景色はそれぞれ。

作詞家中山知子が「峠のわが家」と訳したことで、
日本人のふるさとの歌になった。


topへ

薄景子 19年8月11日放送


太陽のはなし ウィルコックスの言葉

人生には、光もあれば闇もある。
暗闇のさなかにいるときは、
トンネルから永遠に抜けられないのではと
不安に駆られることもある。

そんな時に思い出したいのが
アメリカの詩人、
エラ・ウィーラー・ウィルコックスの言葉だ。

 ひとつひとつの悲しみには意味がある。
 時には、思いもよらない意味がある。
どんな悲しみであろうと、
 それは、このうえなく大切なもの。
太陽がいつも朝を連れてくるように、
 それは確かなことなのですよ。


不確かなことだらけの世の中で
太陽は、何十億年にもわたって、
毎日、裏切ることなく朝を連れてくる。

永遠に約束された光があるから
人は今日も前を向ける。


topへ

茂木彩海 19年8月11日放送


太陽のはなし 太陽と芸術家の関係

あらゆる芸術家と親交があったと言われている、
19世紀を生きたフランスの作家、ロマン・ロラン。

学生時代には文学を学ぶ傍ら、美術や音楽などアート活動に没頭。
その後文学作家となってノーベル文学賞を授与した
「ジャン・クリストフ」ではその知識と情熱から、全10巻に渡り
ベートーヴェンを主人公にした物語が紡がれている。

彼が遺した言葉に、太陽と芸術家にまつわるこんな一文がある。

 太陽がないときには、それを創造することが芸術家の役割である。

美術館の細い廊下を抜けた途端、素晴らしい絵画を目の当たりにした瞬間。
コンサートホールで鳥肌が立つほど美しい旋律を聴いた瞬間。

曇った心は晴れやかに、気持ちを一変させてくれる。

芸術家が生み出しているのは、
誰かの心を照らす小さな太陽、なのかもしれない。


topへ


login