大友美有紀 19年12月7日放送


与謝野晶子 君死にたもうことなかれ

今日は、与謝野晶子が生まれた日。
与謝野晶子といえば、「みだれ髪」であり
「君死にたもうことなかれ」だ。
日露戦争に出征した弟を思い、
明治34年に発表した詩だった。
その内容から、世を害する思想、
国賊だと弾劾された。
批判に対し、晶子は、弟を命を思う、
まことの心を歌ったと主張した。
実は、この詩は、歌集「恋衣」に収録され、
当時一般の人の目に触れることは少なかった。

反戦の歌として広く知られるようになったのは、
第2次世界大戦後のことだ。
「まことの心」は時を超えても人の胸を打つ。



topへ

大友美有紀 19年12月7日放送


与謝野晶子 明るみへ

今日は与謝野晶子の誕生日。
第1歌集「みだれ髪」で世に衝撃を与え、
その後も次々と作品を送り出した。
晶子の評判が上がるにつれ、
夫であり、師でもある与謝野鉄幹の作は、
古いと評されるようになった。
主催していた「明星」は廃刊。
女性関係も激しくなった。
離縁してもおかしくない夫婦の危機に、
晶子は夫を家から追い出す代わりに、
外遊に出すことにした。
しかし、資金がない。
晶子は金屏風に自らの歌を百首書いて
売り出すことを考えた。
そうして渡航費用を貯め、
鉄幹はヨーロッパに旅立っていった。
やっとの事で送り出した後、
晶子はさみしくなるのである。
こんなはずではなかった。
「明るみへ」という小説に、
その心情が綴られている。
その後、晶子もヨーロッパに渡るのだ



topへ

大友美有紀 19年12月7日放送


与謝野晶子 つまらない話が嫌い

今日は、与謝野晶子の誕生日。
晶子と鉄幹の間には11人の子がいる。
鉄幹は、金に無頓着。
常に借金があり貧しかったが、
それを感じさせることはなかった。
次男の秀(しげる)は、
母はつまらない話が嫌いだったという。
女中への愚痴や人の噂話ではなく、
面白い話、美しいもの、豪華なもの、
おいしいもの話が好きだった。
その人生は決して穏やかでなかったはず。
だからこそ、明るく美しいほうへ
心を向けていたのだろう。



topへ

佐藤延夫 19年12月1日放送


映画の日 銀座シネ・ラ・セット

有楽町の駅前。
細いビルの入り口は、
夢への扉そのものだった。
その映画館は、銀座シネ・ラ・セット。
ロビーは細長く、
座席数も少ないが、
不思議な一体感があった。
まるで観客が一丸となって
「映画を見るぞ!」
という気合いでみなぎっているようなシアターだ。
そんな小さな幸せに満ちた映画館は、
2004年に閉館した。
ありがとう。銀座シネ・ラ・セット。

今日12月1日は、映画の日。
あの日。
あの人と。
あのシアターで見た映画は、
思い出の中から消えることはない。永遠に。



topへ

佐藤延夫 19年12月1日放送

MO
映画の日 シネマライズ

渋谷駅で降りて、
井の頭通りからスペイン坂へ。
派手なお店には目もくれず
ひたすら坂を登ると、あの映画館が待っている。
シネマライズは、
映画に飢える者たちの聖地だった。
「ベルリン・天使の詩」。
「トレインスポッティング」。
「奇跡の海」。
ミニシアターの象徴だったシネマライズは、
僕らの心をえぐり続けたあと、
2016年に閉館した。
絶望的なニュースだった。

今日12月1日は、映画の日。
あの日。
あの人と。
あのシアターで見た映画は、
思い出の中から消えることはない。永遠に。



topへ

佐藤延夫 19年12月1日放送

Dick Thomas Johnson
映画の日 シネマスクエアとうきゅう

新宿、歌舞伎町。
その赤茶色のビルは、
歌舞伎町のシンボルのようだった。
ビルの壁面には、
居酒屋の看板。
ボウリングのピン。
そして上映中の映画のポスターが並ぶ。
そのシアターは、シネマスクエアとうきゅう。
場所は雑然としているが、映画の質はすこぶる良い。
ボウリングにするか映画にするか迷ったら
映画にするのが正解だった。
3階に上がると、昭和っぽいロビーが待ち受ける。
縦長の劇場で、シートは座りやすい。
「仕立て屋の恋」。
「青いパパイヤの香り」。
数々の名作を送り出し、
新宿ミラノ座などとともに、
2014年に閉館した。

今日12月1日は、映画の日。
あの日。
あの人と。
あのシアターで見た映画は、
思い出の中から消えることはない。永遠に。



topへ

佐藤延夫 19年12月1日放送


映画の日 銀座テアトルシネマ

銀座の華やかなビルを背に、
京橋本面へ歩く。
すると重厚なコンクリートに囲まれた映画館が見えてくる。
銀座テアトルシネマ。
渋谷や新宿のような、
熱量のある若者向けではなく、
おしゃれな大人が
洗練された2時間のために集まるような
特別な空間だった。
上映される映画も、観客のマナーも、どことなく品がある。
そんな映画ファンの秘密の場所は、
2013年に閉館した。

今日12月1日は、映画の日。
あの日。
あの人と。
あのシアターで見た映画は、
思い出の中から消えることはない。永遠に。



topへ

佐藤延夫 19年12月1日放送

Dick Thomas Johnson
映画の日 シネセゾン渋谷

渋谷ハチ公口から徒歩5分ほど。
速く歩けば3分で着く。
109の隣にあるビルの6階に、
その映画館はあった。
シネセゾン渋谷。
開演時間ぎりぎりに到着すると、
エレベーターが来なくてやきもきする。
客席は多めで、スクリーンも見やすい。
そう言えばレイトショーも多かった。
同じフロアにあった渋谷ピカデリーは、2009年に。
そしてシネセゾン渋谷も、2011年に閉館した。

今日12月1日は、映画の日。
あの日。
あの人と。
あのシアターで見た映画は、
思い出の中から消えることはない。永遠に。



topへ

佐藤延夫 19年12月1日放送

とみたや
映画の日 銀座シネパトス

その映画館は銀座にあるのに、
なぜか地方都市に来ているような錯覚に陥った。
銀座シネパトス。
昭和の香りを残すシアターは、
上映中に電車の音が響いてくる。
日比谷線の東銀座駅がすぐそばにあるからだ。
ロビーは狭く、椅子の座り心地もイマイチ。
スクリーンも見やすいとは言えない。
席は空席が目立ち、
仕事をサボっているサラリーマンが
2席分を占拠して昼寝をしていたりする。
そのゆるいスタイルが好きだった人も
少なくなかっただろう。
大味だけど愛おしいシアターは、
2013年に閉館した。

今日12月1日は、映画の日。
あの日。
あの人と。
あのシアターで見た映画は、
思い出の中から消えることはない。永遠に。



topへ

佐藤延夫 19年12月1日放送

Tyoron2
映画の日 上野セントラル

上野駅前に、賑やかなデパートがあった。
大衆レストランがあり、
囲碁センターがあり、
少し怪しい店があり。
その外観は、昭和そのもの。
東北から出稼ぎでやってきた人たちが、
そこかしこで酒をあおっているような。
戦後の東京という空気をまとった上野松竹デパートの中に、
下町の映画館、上野セントラルがあった。
洋画よりも邦画が似合う。
お正月は寅さんで決まり。
いつでも昭和にタイムスリップできるシアターは、
2006年に閉館した。

今日12月1日は、映画の日。
あの日。
あの人と。
あのシアターで見た映画は、
思い出の中から消えることはない。永遠に。



topへ


login