2009 年 6 月 29 日 のアーカイブ

五島のはなし⑯

美しい五島の私。

・・・書いてみたらどんな気分になるだろうと思って
書きましたがどんな気分にもなりませんね。
「美しい」が「私」の修飾語ではないと
はっきりしたぐらいでしょうか。

今さらですが、自己紹介します。
ここで五島のはなしを書くにいたった波乱万丈の半生を書きます。
えー自分のこと語っちゃうの?って感じですよね。わかります、すごいわかります。
でも書きますすみません。

僕は五島の福江島で生まれました。
父と母の実家が300メートルくらいしか離れていないという
生粋の五島人です。高校まで島で過ごし、
島でずっと暮らしたいと思いつつも
大学の間だけでも都会暮らしを!と思って関東に出てきました。
関東=東京のような大都市。と思っていたら
僕が行った大学はとっても田舎で、
4年間過ごした後、「あれ、念願の都会暮らしまだしてないぞ」って気分になりました。
じゃあいっそ外国の都会に行ってみようかと
ロサンゼルスに留学したのですが、あそこもだだっ広いだけで、
4年間過ごした後、「結局、都会暮らしを達成してないぞ」って気分に。
こうなったら、あこがれの東京で就職しよう!
ということで、東京の広告代理店(響きが都会的!)に就職し、
日本の学校で専攻した地質学とも、アメリカの学校で専攻した文化人類学とも
まったく関係ないコピーライターになり、そして結局あまり都会でもない
横浜のとある町に住んでます(本能が真の都会暮らしを避けているのでしょうか)。

5年働いたら島に帰ろうと思ってたんですが、
なんも成し遂げないうちに帰るのもかっこ悪いですし、
そうこうしているうちに仕事がおもしろくなってしまい、
そうこうしているうちに尊敬するコピーライターである
厚焼玉子(変わった名前と思うかもしれませんが、ペンネームです)さんに
声をかけられ、J-WAVEの「Vision」に原稿を書いています。
社会人になって9年が経ちました。早い。です。

いつか島に帰って恩返しを、的な気持ちを持っているのですが、
なかなかふんぎりがつかないので、
ここで少しでも故郷の五島を盛り上げようというのがこの趣旨です。
・・・ああ、書いてみたら何の波乱万丈もなかった。

がんばれ、五島(そして俺)!

topへ