2009 年 6 月 28 日 のアーカイブ

カンヌふたつのグランプリ

Promo Lions Grand Prix
PRライオン2
Type of Entry:Product & Service
Category:Travel, Entertainment & Leisure
Title:YUBARI
Advertiser/Client:YUBARI RESORT
Product/Service:RESORT FACILITIES
Entrant Company:BEACON COMMUNICATIONS Tokyo, JAPAN
Sales Promotion/Advertising Agency:BEACON COMMUNICATIONS Tokyo, JAPAN

Masato Mitsudera Beacon CommunicationsCreative Director
Naoki Nishimura Beacon CommunicationsArt Director
Go Suzuki Beacon CommunicationsAccount Management
Hideyuki Soraoka Beacon CommunicationsAccount Management
Tomoko Shigetome Beacon CommunicationsAccount Management
Mika Archer Ms/LPR


Promo Lions Grand Prix
メディアグランプリ
Type of Entry:Product & Service
Category:Fast Moving Consumer Goods
Title:KIT KAT MAIL 2009
Advertiser/Client:NESTLÉ CONFECTIONERY
Product/Service:KIT KAT
Entrant Company:JWT JAPAN Tokyo, JAPAN
Advertising Agency:JWT JAPAN Tokyo, JAPAN

Eisaku Sekihashi JWT Japan Senior Creative Director
Kiyoshi Usami JWT Japan Senior Account Planning Director
Shizu Yamada JWT Japan Art Director
Midori Usui JWT Japan Copywriter
Yasuhiko Yuasa JWT Japan Account Director
Yuki Nakamura JWT Japan Account Executive
Naoya Takahashi JWT Japan Chief Producer
Maemi Kobayashi JWT Japan Producer
Prap JapanPR

*ざっと知りたいかたはこちらが便利かも
http://newsrandom.exblog.jp/10515133/

topへ

細田高広 09年6月28日放送

1.5

クリント・イーストウッド

若きクリント・イーストウッドに、
銃より口を多く使う、
おしゃべりなガンマンの
役がまわってきた。


脚本を読んだ彼は、
ガンマンが語り過ぎることに
どうも納得がいかず。
すぐさま監督に詰めよった。


見る側に考えさせるのが、A級映画。
すべて説明してしまうのは、B級だ。
観客を、みくびってはいけない。


そう言うと彼は自ら、
10ページ分のセリフを、
わずか1行に書き換えた。


マカロニウェスタンの名作、『荒野の用心棒』。
無口なガンマンは、こうして誕生した。






2

ジョン・ケージ A

作曲家ジョン・ケージ。
彼の代表作を、聞いてみよう。



何も聞えない?
いや。
あなたは確かに聞いている。


1940年代の末。
『無音』を聞くべくハーバード大学の
『無響室』へ入ったジョンは、そこでもなお、
血液や神経の音が聞えたことに驚く。


風が、心臓が、空調が、
全てが音を持つこの世界で、
完全な無音などありえない。


そう気付いた彼は「4分33秒」を作曲した。
沈黙でできた4分33秒の音楽。


さぁ、もう一度少し聞いてみよう。


あなたには、何が、聞こえましたか?


2.5

ジョン・ケージ B

その音楽は、
2001年9月5日ドイツで始まった。


無音パートが1年半続き、
2003年には最初のコードが鳴らされた。
2006年にコード変わり、
2008年に6番目の音が鳴り、
その音楽は、まだ続いているどころか
2639年まで終わらない。


600年以上かかる音楽を、
馬鹿馬鹿しく思うとき。


同時に、
分刻みで動く一日も同じくらい
馬鹿馬鹿しく思えてくる。


おそらくそれが、
作曲者ジョン・ケージの狙いなのだ。


“AS SLOW AS POSSIBLE”

その曲は、今日も、のんびり、続いている。


3

ジャンヌ・モロー

女優、ジャンヌ・モロー。

映画「突然炎のごとく」で
自由奔放な主人公を演じた彼女は
美しいだけではない
新しい女性像を表現した、と絶賛される。


公開後「主人公は私そのものです」
という内容の手紙が、
世界中から届いたほど。


そんな彼女が、
理想の男性像について、
こう語っている。


名声も知性もお金もみんな私がもっている。
だから男は美しいだけでいい。


現実の彼女は、
スクリーンの中より、革新的だった。



4

スパイク・ジョーンズ


ブランド会社の経営者。
TV番組のプロデューサー。
映像作家。俳優。
そして、映画監督。


これらの肩書きは、全て一人の男、
スパイク・ジョーンズのものである。


ジャンルの壁を軽々飛び越え
次々と新しい驚きを世に「発信」する彼。


その頭の中には、どれだけ緻密で戦略的な
思考回路が巡っているのだろう。


俳優マルコヴィッチは、こう証言する。

スパイクには、語彙が数えるほどしかない。
「それはいい!」「驚いた!」「クレイジーだね!」。
ほんと、なんでも面白がるんだ。


誰よりも発信する男は、
誰よりも受信する男でもあった。



5

セルジュ・ゲンスブール 

人生の成功は、どう定義すれば良いだろう。

セルジュ・ゲンスブールは、
自らのルックスにコンプレックスを抱えた、
実に気弱な男だった。


コンプレックスを燃料に、
曲を書き、歌をうたい、映画を撮り、
ポップスターになった。


気弱な自分を偽るように
テレビの前でお札を燃やし、
挑発的な態度をとることで、
若者たちの尊敬を勝ち取った。


だが結局、コンプレックスは、
最後まで拭えなかった。
そんな生き様を、彼は自らこう評している。


全てにおいて成功したが、人生には失敗した。


6

パブロ・ピカソ

本当の怒りとは、案外、静かなものだ。

1940年、
ドイツ軍がパリを占領した際、
多くのアトリエが、
ナチスの検閲を受けることになった。
農民などを描いた具象画以外は、
すべてが、退廃芸術と見なされたのだ。


とあるアトリエで。
ナチスの検閲官が、泣き叫ぶ女性や狂った馬の
描かれた壁画の写真を見つけた。


「これを描いたのはあなたですか?」
検閲官がアトリエにいた男に尋ねると、
男は静かに答えた。


いや、違う。きみたちだ。

男の名は、パブロ・ピカソ。
壁画のタイトルは、『ゲルニカ』といった。



7

ブライアン・イーノ 3.25秒の音楽

デビッドボウイやU2
のプロデューサーにして環境音楽の創始者、
ブライアン・イーノ。
彼の元に、ある日一風変わった作曲依頼が舞い込む。


人を鼓舞し、世界中の人に愛され、
明るく斬新で、感情を揺さぶられ、
情熱をかきたてられるような曲。
ただし、長さは3秒コンマ25


アイデアに悩むスランプ期にあったブライアンは、
「待ち望んでいた難題だ!」と快諾。


やがて生まれた音楽とは、

そう、あのWINDOWS 95の起動音。


パソコン時代を告げるファンファーレとして。
世界のデスクで奏でられた。




topへ

THRILLER

THRILLER

(場合が場合だけに悪趣味ですみません。
 バイオハザードにも見えますね)



Earth Song

topへ

カンヌより。

「マイケルが死んだ」
というニュースはここカンヌでも衝撃で。
お店ではマイケルの歌やビデオが繰り返し流れ、
みな広告の話そっちのけで語らっています。
マイケルについて。
そしてマイケルと共にあった自分の青春について。
それらを話す時、みんな悲しいんだけど少し楽しそうなのは、
マイケルの曲が必ずその人の
ちょっと恥ずかしくて、でも、ちょっとまぶしかった記憶と共に
あるからなんでしょうか。

申し遅れましたが、
いまカンヌにいます、Team visionの小山です。
カンヌ滞在記を書かないか?
と言われてうっかりそのまま最終日を迎えてしまいました。
初回にして最終回。
かもしれない。
しかも全然レポートじゃない。
本当にすみません。

これからフィルムの表彰式。
そしてグランドフィナーレです。

topへ