2009 年 8 月 30 日 のアーカイブ

名雪祐平 09年8月30日放送

やなせたかし

やなせたかし


ぼくの顔をたべてごらんよ。

そんな型破りなヒーロー、
アンパンマンは、
なぜ生まれたか。

作者やなせたかしが、
戦争体験によって、
こう思い知らされたから。

 正義はある日突然逆転する。
 正義は信じたがい。

 究極の正義とは、
 ひもじい人を救うことだと。


さて、きょう、衆議院選挙。

アンパンマンに、一票。
もちろん、立候補していないのだが。



090830-jiipan

ジーパン刑事


35年前のきょう。
一人の刑事が、
ちんぴらにピストルで撃たれ殉職した。

刑事のあだ名は、ジーパン。

ドラマ『太陽にほえろ』のジーパン、
つまり松田優作はずっと考えていた。

早くこの役を殺してくれ。

役柄も、人間関係にも、
完全に嫌気がさしていたから。

そうやって、ジーパンは殺されたけれど。

鬼気迫る演技のおかげで、
鮮烈な名シーンになってしまった。

ジーパンは亡霊のように
人々の残像のなかで
生きつづけている。



ゴーギャン

ゴーギャン


この地上に、楽園はあるだろうか。

画家ポール・ゴーギャンは、
タヒチに移り住む。

けれど、やがて貧しさと病気に絶望。
死を決意する。

遺書代わりに描いた作品のタイトルは。

 われわれはどこからきたのか
 われわれはなにものか
 われわれはどこへいくのか

 D’où venons-nous ?
 Que sommes-nous ?
 Où allons-nous ?


楽園を求めて、求めて、
ゴーギャンがたどりついたのは、
シリアスな精神世界だったのだ。


topへ


login