2009 年 8 月 15 日 のアーカイブ

中村直史 09年8月15日放送

0815

寺島尚彦 「さとうきび畑」


人の声は聞こえず
ただただおだやかに、
風が吹き抜ける
沖縄のさとうきび畑。


その下にはいまも
勝ち目のない地上戦を戦い、
自決していった方たちが眠っているという。


寺島尚彦は、畑を吹き抜ける風に
死んでいった者たちへの
思いを乗せて
「さとうきび畑」という曲をつくった。


風の音は66回繰り返される。
それは、終わることのない
祈りのようでもある。







hiroshima

美空ひばり 「一本の鉛筆」


その歌が初めて歌われたのは、
1974年8月のことだった。
第1回広島平和音楽祭のために
つくられた歌の名は「一本の鉛筆」。

出番を待つ美空ひばりは、
太陽が照りつけるステージのかたわらにいた。
冷房のある控室へ行くようすすめられても、
そこを動かない。

「広島の人たちはもっと暑かったはずよね」
静かにつぶやいた。


一本の鉛筆があれば 人間のいのちと 私は書く


戦争を憎み
みんなを励まし続けた
ひばりさんらしい歌だった。




hara

ビクトル・ハラ 「平和に生きる権利」


1973年.
チリのサンティアゴにあるスタジアムで、
軍事政権に反対する
多くの若者が殺されたとき、
最後まで歌を歌い続けていた
といわれる男がいる。


ビクトル・ハラ。
「歌は弾圧に対する武器になる」
そう信じていた。


事実、どんな権力者にも
彼の歌まで殺すことはできず。


何十年にもわたって、
戦争や権力に屈しない人たちの間で
歌い継がれた曲の名は
「平和に生きる権利」。


いま、 彼が殺されたスタジアムは
「ビクトル・ハラ・スタジアム」と
名前を変えている。



0815

K&J Kids 「アイアイ」


日韓ワールドカップ開催に
盛り上がっていた2002年のこと。
韓国のとある先生が
素敵な提案をした。

「いっしょに歌を歌いませんか」

韓国の子どもたちは、日本の童謡を。
日本の子どもたちは、韓国の童謡を歌うんです。


そうして集まった
子どもらは「K&J Kids」という名のもと、
ともに歌い、それはCDにもなった。


両国の小さな歌手たちはどんな気持ちで歌ったのか。
子どもらの感想をちょっとだけ紹介します。


「日本の歌も韓国語で歌うと韓国の歌のように思った」
「意味はよくわからないけれど、心温かくなる」


ね、歌っていいんですよ、やっぱり。



0815

RCサクセション 「明日なき世界」


RCサクセションが
その曲を日本に送り出したのは、
戦争が終わって43年目、
1988年の8月15日だった。


アルバム「カバーズ」に収められた
「明日なき世界」。


戦争を知らない若者たちにも、
どストレートな反戦の歌はずしりと響いた。


あれから20年がたつ。
近頃は、反戦の歌なんて時代遅れなのだろうか。
戦争こそ時代遅れだと
世界中が思う日はまだ遠いのだろうか。



peace

エルビス・コステロ 「(What’s So Funny Bout) Peace, Love & Understanding 」


ありえないシーンを
想像してみる。


世界中の国のトップが、
国連ビルの地下室につくられた
秘密のカラオケボックスで歌っている。


曲はエルビス・コステロの
(What’s So Funny Bout) Peace, Love & Understanding 
「平和と愛と理解し合うことの、何がおかしいっていうんだ?」


ネクタイやスカーフを頭に巻き
肩を組み合い熱唱する各国首脳たち。


バカみたいな想像だろうか。
でも、
平和と愛を歌い、理解し合う世界を
想像することの、
何がおかしいっていうんだ?



shirayuri

新垣勉 「白百合の花が咲く頃」


新垣勉という歌手がいる。
盲目の歌手である。

目が見えないことが理由なのかはわからないが、
彼の歌は、目には見えないものを伝えてくれる。

「白百合の花が咲く頃」という曲も、
そんな歌のひとつだ。


戦争は確かに巨大な現象です。
しかし、私たちにとって今必要なことは、
その時その場所で、泣き笑い愛し合い暮らしていた一人ひとりの人間が、
戦争について何を想い何を感じ生きていたか、
その心の内を知ること、想像することではないでしょうか。


目を閉じて
誰かの気持ちに思いをはせる。

それは、人間にできることの中で
最も大切なことのひとつだと、
彼の歌は教えてくれる。




topへ


login