2012 年 10 月 27 日 のアーカイブ

阿部広太郎 12年10月27日放送

Maantjuh&Mosselmaniac
起業家という生き方 劉金標(キング・リュウ)

台湾でウナギの養殖業を営んでいたキング・リュウ。

あるとき台風の被害で破産寸前となった彼は、
1972年、自転車製造業に転身。
欧米有名ブランドの製造を請負いはじめた。

しかし初年度の受注は、たった1821台。
「Made in Taiwan」といえば
品質が悪いと思われていた時代。

キングは欠陥がひとつでも見つかると、
同じ生産ラインの自転車をすべて回収し
ローラーで押しつぶした。

それから40年。

彼のオリジナルブランド「ジャイアント」は、
世界最大のスポーツバイクブランドへと成長する。

「Made in Taiwan」は、信頼のしるしになったのだ。

topへ

阿部広太郎 12年10月27日放送


起業家という生き方 フレデリック・ジョン・ペリー

テニスプレーヤー、フレデリック・ジョン・ペリー。
その経歴は、輝かしい偉業に満ちている。
1934年からウィンブルドン3連覇。
1935年には、男子テニス選手初のグランドスラムを達成。
テニスの神様とまで呼ばれるようになった。

プレーヤーを退くと彼は会社を起こし、
ファッションビジネスに挑戦する。
ブランド名は、自らの愛称「フレッドペリー」。

だぶだぶのシャツが当たり前の時代に、
身体にフィットするシャツを開発。
革新的でカッコ良いと、イギリスで瞬く間に浸透していく。

胸に輝く月桂樹のロゴ。
それは王者のつくった、挑戦する服のしるしだった。

topへ

村山覚 12年10月27日放送


起業家という生き方 菊池武範

菊池武範は明治28年に愛媛県で生まれた。
家は裕福で、父は実業家だった。

しかし武範が12歳の時、父が事業に失敗。
病気で寝たきりになった。
武範は大阪に奉公に出て、朝から晩まで働いた。
食事はいつも一番最後。冷えた麦めしを食べながら、思った。

「熱いお茶が飲みたい」

その体験を元に彼は魔法瓶をつくる会社を起こし、
美しさと強さを追求した「虎印魔法瓶」を発売した。

後に「タイガー魔法瓶」となるその製品は
関東大震災でも壊れなかったほどで、たちまち人気商品となった。

はじまりは、一人の少年のちいさな願い。
彼の「魔法」で日本中の食卓が変わった。

topへ

村山覚 12年10月27日放送


起業家という生き方 カーネル・サンダース

ハーランド・サンダースが
ガソリンスタンド兼レストランを開業したのは、
40歳になった頃だった。

持ち前のサービス精神とこだわりの味で
店は大繁盛したが、その後、火災で焼失。

彼は自動車にスパイスと圧力鍋を積み込んで、
レストランの看板メニューだった
「フライドチキン」のレシピを売り歩いた。

行く先々で断られ、
やっと契約にこぎつけたのは、なんと1010軒目。
チキンが1本売れると、4セントの報酬。
それは世界初のフランチャイズ契約だった。

やっとの思いで再建した自分のお店は、
近くにハイウェイができたせいで売却。
ほぼ無一文になった65歳の老人は
フランチャイズビジネスに本腰を入れた。

彼が90歳で亡くなった時、
店舗数は世界各国で、6000店に達していた。
カーネル・サンダースはこう言った。

「いくつになったって、自分の人生を
 より価値あるものにするための努力をするべきだ」

topへ

藤本宗将 12年10月27日放送


起業家という生き方 田辺茂一(もいち)

田辺茂一は、備長炭を商う「紀伊國屋」の跡取りとして生まれた。

家業を継ぐのが当たり前の時代だったが、
本に魅せられた田辺は
炭を売る傍らで「紀伊國屋書店」を創業する。

長い戦争の時代に大きな被害を受けたが、
田辺は事業を諦めなかった。

戦後豊かな時代がやってくると、
劇場をつくり文化を発信した。

こうして日本一の書店をつくりあげた彼に、
あるインタビュアーが言った。

「炭屋の片隅で始めた本屋が日本一の本屋になるなんて、
 そんな時代というのはもう来ないんでしょうねえ」

田辺はこう応えた。

「何でも時代のせいにしてりゃあ、そりゃあ楽だわな」


topへ

藤本宗将 12年10月27日放送

kevin dooley
起業家という生き方 カール・ツァイス

19世紀初頭、
ドイツに生まれたひとりの少年が
ガラス職人の弟子として
レンズの製造を手伝いはじめた。

高熱でガラスを溶かし、
固まったら根気よく手で磨きあげる。
寝る間も惜しむ師匠の姿に、彼は学ばなかった。

勘と経験に頼る限界を悟り、
大学の聴講生として
数学や物理学、鉱物学などを学んだのだ。

そして30歳のときに起業。
社名は、彼自身の名をとって、カール・ツァイスといった。

topへ

藤本宗将 12年10月27日放送

uskidz
起業家という生き方 ニコラス・G・ハイエック

ニコラス・G・ハイエックが時計の製造に乗り出したのは、
スイスの時計産業が死にかけていたときだった。

コンサルタントであった彼は、
日本製の時計の台頭で危機に瀕したスイス企業を
引き継ぐかたちで新会社を起こしたのだ。

そして1983年。彼は新製品を送り出す。
それはスイス伝統の高級機械式時計とはまるで違ったものだった。
プラスチックのボディーに、部品は従来の半分しかない。

「スウォッチ」と名付けられたその時計は、
斬新なデザインで半年ごとに新作を発表。
1つのモデルは1シーズンかぎりの販売とされた。
ハイエックは時計を、ファッションに変えたのだ。

ビジネスに勝つ秘訣を、彼はこう述べている。

「時間を無駄にせずに、予定を立てて行動すること。
 ただし、予定表をすべて埋めてはいけない。
 それでは独創力が死んでしまう」

topへ


login