2012 年 10 月 7 日 のアーカイブ

薄景子 12年10月7日放送


色のはなし スイミーの海の色

レオ・レオ二の名作絵本、スイミー。
ページをめくるたび、カラフルな海の世界に吸い込まれる。

 にじいろのゼリーのようなくらげ
 かぜにゆれる ももいろのやしのきみたいな いそぎんちゃく


まっくろなスイミーは
ちいさな赤い魚たちの目になって
大きな魚を追い出していく。

まるでポエムのような、絵とことばを追いかけるうちに
子どもたちは気づくのだ。
青い海の下は、いのちの色の宝石箱。


topへ

小野麻利江 12年10月7日放送


色のはなし ターナーのパレット

イギリス・ロマン主義の画家、
ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー。
西洋絵画史初の本格的な風景画家の1人。


彼が描く水彩画の特徴は
明るい色彩をちりばめた、
空気感のある風景表現。

そのため彼のパレットは、
透明度の高い色であふれていた。

好んで使った色は、黄色。
現存する彼の絵具箱の大半が、
黄色系統の色で占められている。

それとは逆に、非常に嫌っていたのが、緑色。
緑を極力使わないよう、苦心したという。

 木を描かずに済めばありがたい

知人の1人にそう漏らしたという逸話さえ、残っている。

緑が嫌い、木が嫌い。
それでもターナーは風景画家でありつづけた。

topへ

石橋涼子 12年10月7日放送

カノープス
色のはなし 志村ふくみの色

紬(つむぎ)の重要無形文化財保持者でもある
染織(せんしょく)作家、志村ふくみ。

染めるという行為は植物から色を「いただく」ことだと
彼女は考える。
植物が、花を咲かせ芽を吹くために体内に蓄える、
その命の色を「いただく」のだと考えている。

例えばピンク色は桜の木の皮から煮出してつくるのだが、
9月の桜の木と、
3月の花が咲く直前の桜の木からいただく色は
まったく違うと彼女は言う。
3月のピンクは、花を咲かせるために
樹木に蓄えられた命の色が匂い立つのだ、と。

志村ふくみが
自然から色をいただく姿勢は、
謙虚で厳粛であると同時に、激しく情熱的だ。

90歳を目前にした今も
染織作家として活動し続ける彼女はこう語る。

 植物から色が抽出され、媒染されるのも、
 人間がさまざまの事象に出会い、苦しみを受け、
 自身の色に染めあげられていくのも、
 根源は一つであり、光の旅ではないだろうか。

topへ

茂木彩海 12年10月7日放送


色のはなし  黒澤明の椿

巨匠、黒澤明は色にもこだわる監督だった。
昭和37年公開、モノクロ映画『椿三十郎』。

撮影中、黒澤はふと思う。
椿の花だけ、赤くできないだろうか

そこで、赤い椿をすべて墨で黒く塗り、
白い椿とのコントラストを強めることで白黒の世界に、
赤い椿を咲かせてみせた。

色だって型にはめない。それが黒澤流。

topへ

茂木彩海 12年10月7日放送


色のはなし 色の住人ポロック

床に広げた紙に、筆につけたペンキを上から垂らしたり、
飛ばしたりしながら
その色を重ねて、絵画にしていく。
今だからこそよく見られる、ポーリングという技法。
この技法を一番最初に使用し、世界を驚かせた画家がいる。

ジャクソン・ポロック。
44歳でこの世を去った、アメリカを代表する画家。

画家としての活動をはじめてから間もないころ、
ある仕事で、尊敬していたメキシコ壁画運動を行う作家の助手を務め
巨大な壁にスプレーやエアブラシで描くその姿に唖然とした。

直接筆を持ってキャンバスに向かえば、
どうしたって意識的に線を描いてしまう。
筆を地面に着けずに色だけを落とすことで
無意識の世界が描けるのではないか。

そうしてポーリングという技法にたどり着いたポロックは、
ついにアメリカ抽象絵画の頂点に立つ。

このころ描かれた伝説の最高傑作
「インディアンレッドの地の壁画」には、
現在200億円の値が付けられている。

ポロックは言う。

 絵のまわりを歩き、四方から制作し、
 文字通り絵のなかにいることができるのだから、
 わたしは絵をより身近に、絵の一部のように感じられる。


色の中に住む画家ほど、
画家に嫉妬される者はいないだろう。

topへ

熊埜御堂由香 12年10月7日放送

Thomas Hawk
色のはなし  ハッピーホ―リ!

インド全土で、春のあるいち日だけ。
人々が壮大に絵の具を掛けあう
ホーリーとよばれるお祭りがある。
人も車も犬も牛も、街中が
たちまちカラフルに汚れていく。
けれど怒りだすひとなんていない。

その日の合言葉は、
ハッピーホーリー!

色、色、色の世界の中で
みんなが、無邪気に遊ぶ日だ。

topへ

熊埜御堂由香 12年10月7日放送

KYR
色のはなし  生命の色

 どんな色も生命の色だと思う。
作家富岡多恵子は言う。
 だから移ろいゆく
 夕方の空の色を
 いまだにうまく言いあらわせない

と言う。

夕焼けを真っ赤だと、簡単に言わない
77歳の作家は、真摯な言葉を紡ぎ続ける。

topへ

薄景子 12年10月7日放送


色のはなし やなせたかしの赤

やなせたかしの代表作、
「アンパンマン」がブレイクしはじめたのは
60歳を超えてからだという。

それまでの人生は、決して順風満帆ではなかった。
幼いころから劣等感に悩み、戦争も経験し、
仲間たちが次々と漫画家として売れていく日々。

悶々としていたある日、
夜中に冷たい手を懐中電灯で
温めながら仕事をしていた時。
ふと見ると、手に真っ赤な血が透けているのに彼は気づく。

自分がどんなときでも、血は赤々と流れている。
その驚きとよろこびを、あの歌詞にこめた。

 手のひらを太陽に すかしてみれば
 まっかに流れる ぼくの血潮

93歳の今もなお、第一線で働くやなせは言う。

 諦めさえしなければ、人生は必ず何とかなる。

topへ