名雪祐平 12年12月30日放送


百年前の訃報録 ハイム

百年前、その人物が亡くなった。

ドイツの詩人 ハイム

こんな詩の一節が残っている。

 死に行く者は立ち上がろうとするが、
 突然死んでしまう。
 命はどこに。
 その目は曇ったガラスのように、
 暗く陰鬱だ。
 目覚めている者も悲しみにうちひしがれ、
 重い悪夢から覚めようと
 青ざめたまぶたをぬぐう。

これは予言か。呪いだったのか。

この詩を書いてからまもなく、
ハイムは友人と二人、湖にスケートに出かけた。

氷が割れ、ハイムは冷たい水中に沈み、
突然、死に行く者になったのだ。

24歳という若さで。
詩に書いたような死に方で。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA