名雪祐平 12年12月30日放送


百年前の訃報録 羽鳥千尋

百年前、その人物が亡くなった。

羽鳥千尋 無名の青年だった。

ある日、森鴎外に長い手紙を書いた。

貧しくて進学できないこと。
自分が病身なことから医師を目指したいこと。
そうした赤裸々な思いとともに訴えた。

 先生。どうぞ私を書生に置いて下さい。

そのただならぬ文才と熱意につき動かされた鴎外は
陸軍軍医学校に働き口を世話する。

羽鳥はそこで働きながら
医師への試験を目指した。

その志半ば、肺結核が悪化し、羽鳥は絶命した。
享年25歳。

鴎外は羽鳥の手紙を元に、
短編『羽鳥千尋』を発表した。

百年前の青年の強烈な心情をいま、
私たちは読むことができる。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA