2013 年 1 月 5 日 のアーカイブ

佐藤延夫 13年1月5日放送

Mourner
佐村河内守さんの生き方1

今までピアノを習った人なら、
誰でも一度は開いた、おなじみの教本がある。

赤のバイエルと、黄色のバイエル。

広島に住む、才能豊かな四歳の少年は、
この二冊をわずか四ヶ月でマスターした。
いつもお母さんは隣に座り、
ミスタッチをすると、竹の物差しで手を叩いたという。
それでも少年は、ピアノを弾ける喜びに包まれていた。

作曲家、佐村河内守さんが思い出すのは、お母さんのこんな言葉だ。

  基本をおろそかにして、この先泣くのは、あなたです。

それは、全ての人生に通じる、愛の鞭。


topへ

佐藤延夫 13年1月5日放送

alika89
佐村河内守さんの生き方2

作曲家の佐村河内守さんが
幼少時代に感銘を受けた曲は、
ベートーヴェンの「悲愴」だった。

叱られることを覚悟で、
「この曲を教えてください」と頼むと
いつも厳しいお母さんの表情が和らいだという。

朝6時から、復習レッスンを一時間。
学校から帰宅して5時から6時までレッスン。
夕食後に課題練習とレッスンを2時間。

こんな暮らしを続ける少年に、
練習曲とは大きく違う「悲愴」の音色は、
とても優しく聞こえたに違いない。

topへ

佐藤延夫 13年1月5日放送

K YR
佐村河内守さんの生き方3

作曲家、佐村河内守さんとお母さんの
二人三脚のレッスンは、何年も続いた。

小学二年生になると、一年かけてバッハ作曲の「インベンション」を学び、
三年生では「ソナタ」と「コンチェルト」へ。

難関だったソナタを全て制覇した夜、
いつも標準語で指導するお母さんが、こう言ったそうだ。

  今日までよう頑張ったね。
  明日であんたは、お母さんを抜くじゃろう。
  もうお母さんがあんたに教えてあげられることは、なくなったんよ。

標準語は、指導者としての言葉。
広島弁は、優しい母からの言葉。

topへ

佐藤延夫 13年1月5日放送


佐村河内守さんの生き方4

音楽家を志す少年が、
常に品行方正で、おとなしい性格とは限らない。

中学時代、喧嘩に明け暮れていたのは、
作曲家の佐村河内守さんだ。

音楽なんて女性がやるものだ、という恥じらいから、
学校では楽器を習っていることを隠し通した。
反面、毎日2時間のピアノレッスンのほか、
夜中まで管弦楽の知識学習を続ける。
母から教わることは全て教わったので、すべて独学で。
音楽関係の本を読み漁るほど、彼の心は飢えていた。

そして高校二年のときに、家出を決意する。
広島を出て、東京で音楽を学ぶための家出だった。
洋服上下に、下着と靴下、石鹸をひとつ。
それに五線紙と筆箱を入れると、ボストンバッグは一杯になった。

結局、この家出は未遂に終わったが、
少年のボストンバッグの中には、
「交響曲をやりたい」という夢が詰まっていた。

topへ

佐藤延夫 13年1月5日放送

itou
佐村河内守さんの生き方5

作曲家の佐村河内守さんは、音楽大学を出ていない。
もちろん、これには理由がある。

膨大な量の専門書で独学を重ねてきたので、学ぶことはない。

特定の教授に師事すれば、自分の作風が偏ってしまう。

クラシック音楽の作曲家という壮大な夢を持つ少年は、
音大進学というレールを拒絶し、独学の道を選んだ。

数々のアルバイトを渡り歩き、
時折襲いかかる偏頭痛とも戦いながら、
モグリの作曲家として、少しずつチャンスを手にしていく。

topへ

佐藤延夫 13年1月5日放送


佐村河内守さんの生き方6

作曲家、佐村河内守さんは、
35歳のとき、全ての聴力を失ってしまう。
迫り来る絶望と恐怖の中で、彼は、ひとつの試みをする。

ベートーヴェンの「月光」を頭の中で流し、
その旋律を五線譜に書き記す。
あとで楽譜と照合すると、一音も間違っていなかったという。

音を失っても、絶対音感は消えない。

その自信を糧に、彼は音楽の在処を見つけていく。

topへ

佐藤延夫 13年1月5日放送


佐村河内守さんの生き方7

「交響曲第1番 HIROSHIMA」

この曲は、作曲家 佐村河内守さんの人生そのもの、なのかもしれない。

被爆二世としての生い立ち。
母とともに、レッスンに明け暮れた幼少時代。
度重なる偏頭痛の発作。
音楽家という夢。
全ての聴力を失う恐怖。
弟の死。
ゲームや映画音楽の作曲。
信頼できる仲間との日々。
二度の自殺未遂。
盲目の少女との運命的な出会い。

枚挙にいとまがないほどの出来事が、
佐村河内さんを支えた。そして苦しめた。

彼は言う。
 「闇が深ければ深いほど、祈りの灯火は強く輝く」

この曲は、全ての人に、希望の光を見せてくれる。

絶望という暗闇の奥に、ほんの少しだけ輝いて見える、
小さな暖かい光を。

topへ


login