2013 年 1 月 26 日 のアーカイブ

澁江俊一 13年1月26日放送

Max chang
海の向こうで愛されている日本人 八田與一

海の向こうで愛されている
日本人の話を
知っているだろうか。

日本統治時代の台湾で土木課の技師として活躍した
八田與一(はったよいち)は
15万ヘクタールの田畑を旱魃から救うため
公務員の身分を捨て
1920年から10年にわたってダム建設の指揮をとった。

台湾の嘉南(かなん)平野に広がる
烏山頭(うさんとう)ダム。
上空から見るとサンゴの枝のように広がるダムの湖面は
今も美しく風景に溶け込んでいる。

卓越した設計技法だけでなく、
危険な現場にも足を踏み入れ、
作業員の労働環境を向上し、
事故の慰霊は日本人も台湾人も分け隔てなく行った
八田與一の業績は台湾の教科書でも紹介され
その命日には烏山頭ダムで慰霊祭も行われている。


topへ

澁江俊一 13年1月26日放送


海の向こうで愛されている日本人 浅川巧

海の向こうで愛されている
日本人の話を
知っているだろうか。

浅川巧(あさかわたくみ)。
兄の伯教(のりたか)とともに
日本の植民地だった朝鮮に暮らし
土地の人々や、山々の木や草に、深い敬意を払った。

その清らかな目は
李朝の白磁や、家具・民具のなかに
当時、朝鮮の人々さえ気づかなかった美しさを発見し
日本に紹介した。

日本軍の行いに心を痛め、
朝鮮の人々が、その美しい文化に、
自ら目覚めることを願いながら、
41歳の若さで亡くなった巧の墓は
今もなお、韓国にある。

topへ

澁江俊一 13年1月26日放送


海の向こうで愛されている日本のヒーロー キカイダー

海の向こうで愛されている
日本のヒーローを
知っているだろうか。

1972年に日本で放映されながら、それ以上に
ハワイで絶大な人気を集めた「キカイダー」。
再放送されるたび世代を超えてファンは増え
2002年ハワイ州知事により4月12日が
「ジェネレーション・キカイダー・デイ」に
制定されるまでになる。

石ノ森章太郎(いしのもりしょうたろう)がデザインした
左右非対称で、頭の一部から
中の機械が見える斬新なヒーローは、
日本の視聴者から気持ち悪いとクレームが殺到。
しかしキカイダーが持つ「不完全な良心回路」と
そこから生まれる苦悩は、ハワイの人々の心に、
今も大きな勇気を与えている。

topへ

澁江俊一 13年1月26日放送

rajkumar1220
海の向こうで愛されている日本人 西岡京治

海の向こうで愛されている
日本人の話を
知っているだろうか。

1964年、農業を指導するため、
ブータンを訪れた西岡京治(にしおかけいじ)。
日本の技術を無理に押し付けず
現地の状況を見つめながら住民と対話を繰り返し
最少の費用で、最大の効果を目指した。

大根をはじめ、数々の野菜を紹介し、
並木植えにより米の収穫を増やし
多くの水路や田んぼ、道路をつくった西岡は、
2年の予定を延長し、28年もの間ブータンに貢献。
国王から最高の栄誉である「ダショー」の称号を授与された。

西岡が惜しみなく与えた知識は
世界一幸福な国に、
今も多くの実りをもたらしている。

topへ

磯部建多 13年1月26日放送

Thanos Lazopoulos
海の向こうで愛されている日本人 服部匡志

海のむこうで愛されている
日本人の話を
知っているだろうか。

服部匡志(はっとりただし)。
ベトナムで6,000人の患者を失明の危機から救った
“神の手を持つ男”と呼ばれる眼科医だ。

まだまだ貧しい患者の多いベトナム。
服部は治療の報酬を、一切受け取とることはない。
人々の眼に光を取り戻すことこそ
自分の生きがいなのだ、と彼はいう。

その献身的な活動は、
ベトナムの人々に確かな希望を
見せてくれている。

topへ

奥村広乃 13年1月26日放送


海の向こうで愛されている日本人 本島健三

海の向こうで愛されている
日本人の話を
知っているだろうか。

測量士、本島健三(もとじま・けんぞう)。
1978年、本島がギニアの地を訪れた時、
ギニアは世界の最貧国となっていた。

公共施設は破壊され、土地は荒れ放題。
マラリアや40度を超す暑さと闘いながら
4年を超す月日を、測量に費やした。

命懸けでギニアの地図を作り上げた本島に、
セクトーレ大統領が伝えた言葉がある。
「私たちと対等に付き合ってくれた外国人は、
あなたたち日本人が初めてです!」

この地図をもとに、
少しずつ、確実に、ギニアの復興は進んでいった。

topへ


login