藤本宗将 13年3月16日放送

Christopher Johnson
導く言葉 ジョゼップ・グアルディオラ 2

サッカー監督は、勝つことが仕事。
だからこそ実績やデータを考慮しながらチームをつくっていく。

ジョゼップ・グアルディオラが
バルセロナの監督に就任した2008 年当時も、
輝かしい実績を持つ選手がたくさんいた。
ロナウジーニョ。エトー。デコ。
UEFAチャンピオンズリーグ制覇など、
数々のタイトルをもたらしてきた中心選手たちだ。

しかし新監督は、
就任会見で「彼らなしでやっていく」と表明。
周囲を驚かせた。

全盛期は過ぎていたとしても、世界トップクラスのプレーヤー。
チームに栄光をもたらした功労者を切れば、
責任を一身に背負うことになる。
しかしグラディオラはきっぱりとこう言った。

 「勝利の後にも変化は必要だ」

その変化が生んだものこそ、メッシを擁する現在のバルセロナ。
過去よりも未来を信じた指揮官のもとで、
史上最強ともいわれるチームに成長したのだった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login