名雪祐平 13年3月31日放送


遺言

 闘争の年月を通じて、
 私は結婚の責任を負うことはできないと信じていたが、
 今日わが生涯の終わりを目前にして、
 私は長年真の友情を誓いあった一人の女性を
 わが妻とすることに決意した。

 彼女は私の妻として、
 自身の意思で私とともに死ぬことを選んだ。
 
 妻と私は、敗北や降伏の屈辱を免れるため、死を選択した。
 われわれ二人の遺体は、私がこの12年間、
 国家のために毎日の大部分を捧げて働いたこの場所で、
 直ちに火葬にしてもらいたい。
  
 1945年4月30日 
 アドルフ・ヒットラー


遺書を書き終わった深夜2時、
ヒットラーはエヴァ・ブラウンと
結婚式を挙げた。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login