名雪祐平 13年3月31日放送

Destructive Compliments
遺言

 1.われはローマ教会の信徒として死す。
   50余年前、その胸に抱かれて生れたからである。

 2.わたしの遺体はセーヌ河畔に葬ってほしい。
   わたしが深く愛するフランス国民の中にありたいからである。

 3.わが最愛の妻マリー・ルイズは常にわたしに満足を与えて来た。
   そこで世を去るにあたって心からの愛情を捧げた。
   わが息子は未だ幼少のため、
   願わくば世のさまざまの誘惑に陥らないよう守りたまえ。

 1821年8月15日
 ナポレオン・ボナパルト


セント・ヘレナ島にて。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login