名雪祐平 13年3月31日放送


遺言

 「ワールド」という新聞を維持し完全なものとし、
 永続させる義務を申し付ける。

 この新聞を保持し発行するために、
 わたしは自分の健康と体力を犠牲にした。

 そこで単なる金儲けより高い動機から、
 これを公共機関として育成したわたしと
 同じ態度でその経営に臨んでほしい。

 ジョセフ・ピュリッツァー


1911年永眠。

その17年後、子孫に託した新聞「ワールド」は廃刊。

彼の遺志によって設立された「ピュリッツァー賞」は
世界的な賞として今もつづく。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA