名雪祐平 13年3月31日放送

Destructive Compliments
遺言

 私は以前より俳優を希望していたが、
 才能がないため望みがかなわなかった。

 私は後年には市の実業界に重要な地位を占め、
 舞台に立つことは不可能となった。

 20万ペソ(500万円相当)を遣贈して基金とし、
 才能ある若き俳優に毎年奨学金を与えることとする。

 ただし、私の頭蓋骨を保存し、
 シェイクスピアの『ハムレット』を上演する際には、
 ヨリックの頭蓋骨として使用することを条件とする。

 ホアン・ポトマーキ


1955年永眠。

アルゼンチンの実業家だった男の
怖い伝説。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login