2013 年 5 月 2 日 のアーカイブ

0歳10カ月の育児の話し。



4月から5月にかけて
保育園生活に慣れたすーさん(美少年でぶ)。
体調も崩さず、先生にもなついて、
問題無く通えるようになりました。
そして6月。
優秀な息子に負けじと、母は仕事に復帰したのです。

以下、ぷち日記形式でどうぞ。

6月1日(金) 復帰一日目。
みなさんにご挨拶&デスクの整理。
15時半、保育園から電話。
すーさん発熱とのこと。
早退。慌てて帰る。

6月4日(月)
週末に回復したが、再び微熱。
午前半休。

6月11日(月)
保育園に連れて行こうとしたら、発熱。
有休。

6月12日(火)
体調が良さそうなので保育園に預けたら、
会社に着いた途端に園から呼び出しが。
午後半休。

6月22日(金)
一週間がんばったものの、すーさん燃え尽きた様子。
発熱。
有休。

7月6日(金)
引っ越し。
おじいちゃんおばあちゃんの近くに住むことにする。
引っ越しのバタバタで発熱。

7月9日(月)
週末に回復したと思ったら、
再び微熱。
半休。

7月8日(火)
続・微熱。
半休。

ふむふむ。
だいたい週イチで発熱をしていますね。
特に金曜と月曜に燃え尽きることが多いのは、
大人にも通じるものがあるような。

と、いま振り返れば冷静に俯瞰できますが、
当時は毎日ドキドキしっぱなしでした。
毎朝ドキドキしながら体温測って、
仕事中は保育園から電話が来るのではとドキドキドキドキ。
人間の一生涯の心拍数は決まっているという説がありますが、
あの数カ月で相当数を稼いだと思います。

というか本音を言うと、
「ちょっと熱出し過ぎじゃね?」と思ってました。
先輩ママから、
子どもは発熱をコントロールできるのだと伺いましたが、
まったくもって真実だと思う。

(今月の写真は、東京タワーのマスコットに驚くすーさんです)

topへ


login