2013 年 5 月 4 日 のアーカイブ

佐藤延夫 13年5月4日放送


みどりの日/レイチェル・カーソン

アメリカの生物学者、レイチェル・カーソンは言った。

 自然界の保全について、我々が慎重を欠いていたことを
 未来の世代は、決して許さぬだろう。


1962年に出版された「沈黙の春」。
この中で彼女は、世界中の人々に環境問題が存在することを訴え、
「環境保護の女神」と呼ばれるようになった。
そして、こんな言葉を残した。

 「知ること」は、「感じること」の半分も重要ではない。

今日は、みどりの日。
あなたの周りにある自然を、感じてください。

topへ

佐藤延夫 13年5月4日放送


みどりの日/カール・フォン・リンネ

18世紀に生まれたスウェーデンの生物学者、
カール・フォン・リンネ。

動物、植物、鉱物を分類し、
二名法(にめいほう)と呼ばれる独自の手法で、
生き物たちの戸籍をつくった。
そして、およそ7700種類の植物と、
4400種類の動物の名付け親になった。

 自然は跳躍せず。

これは、彼が残した短い言葉。
自然も人間も、ある日突然、進化することはない。

今日は、みどりの日。
それはのんびり生きることを、思い出す日。

topへ

佐藤延夫 13年5月4日放送


みどりの日/ビアトリクス・ポター

ピーターラビットを生んだ絵本作家、ビアトリクス・ポター。

同じ年齢の子どもたちとは距離を置き、
小動物の観察やスケッチに没頭するような少女だった、と回想している。

 私は子どものころ、半信半疑ながらも、もっぱら妖精と遊んでいたのを覚えている。
 幼少期の精神世界を持ち続け、知識と常識を加えてバランスをとり、
 夜の恐怖をもはや恐れず、それでも命の物語を少し、
 ほんの少し理解することができたら、そんな天国はほかにないでしょう。


晩年には、イギリスの湖水地方の緑豊かな土地を買い、
自然保護活動に力を注いだ。
ピーターラビットの森を、彼女は守り続けた。

今日は、みどりの日。
あなたの愛する自然は、どこにありますか?

topへ

佐藤延夫 13年5月4日放送


みどりの日/ワーズワース

イギリスの詩人、ウィリアム・ワーズワース。
彼は、湖水地方の自然を愛し、そこで数多くの作品をつくった。
まるで、運命で決められていたかのように。

 かつて牧場と 森と 小川と 大地と
 あらゆる周囲の風景が
 わたしにとって天上の光に包まれて見えたときがあった


これは、ワーズワースが、自らの幼少期を回想した詩の一節。
自然への深い敬意は、最愛の妹への手紙にも残されていた。

 緑の森の中での感動は
 人間や道徳的な善悪について
 どんな賢者からよりも
 多くのことを教えられる


ワーズワースが眠る、湖水地方のグラスミア湖畔。
緑まばゆい丘からは、きらきら輝く水面と、美しい山々を臨むことができる。

今日はみどりの日。
それは、美しい自然をゆっくりと見つめなおす日。

topへ

佐藤延夫 13年5月4日放送


みどりの日/ベートーヴェン

ドイツの作曲家、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。

20代後半から聴覚障害に悩まされ、
保養地での療養生活を定期的に行っていたという。
ウィーン郊外の温泉保養地バーデンには、
彼の愛した自然が残されている。
人間関係の煩わしさから逃れ、ゆるやかな時を過ごしたそうだ。

 田園にいれば私の不幸な聴覚も私をいじめない。
 そこではひとつひとつの樹々が私に向かって、
 ハインリッヒ、ハインリッヒと語りかけるようではないか。
 森の中の恍惚!誰がこれら全てのことを表現しようか。


今日は、みどりの日。
音楽と自然に、身を委ねる日。

topへ

佐藤延夫 13年5月4日放送


みどりの日/南方熊楠

日本の博物学者、南方熊楠。
十数カ国語を操り、数多くの研究論文を残した。

類い希な記憶力、破天荒なエピソードばかり注目されがちだが、
地元、和歌山の自然を愛し、山林の保護を訴え続けた。
熊楠は、エコロジーという言葉を
日本で初めて使った人物とされている。

今日は、みどりの日。
それは故郷の自然を、もう一度愛する日。


topへ

佐藤延夫 13年5月4日放送


みどりの日/アラン・アレクサンダー・ミルン

イギリスの児童文学作家、
アラン・アレクサンダー・ミルン。
「クマのプーさん」の作者として広く知られている。

もともと彼の一人息子のために書かれた物語であり、
その舞台は、イースト・グリーンステッドという街の郊外にある森、
アッシュダウン・フォレストだ。
そこは、作者のミルンが幼いときに訪れた場所だった。

彼は、3日間にわたるハイキングで70キロ以上歩き、
森の中で木の実を食べて過ごしたそうだ。
そのときの体験と記憶が、
のちに、世界中で親しまれる物語をつくった。
そして彼は、こんな言葉を残している。

 一人になったときに、
 ふと考えることがある。
 それは、これまでどれほど稼いだかでなければ、
 どれほど有名になれたかでもない。
 何か社会に役立つことをしているか、ということである。


今日はみどりの日。
自然の中で、物思いに耽ってみるのも、悪くない。

topへ


login