小山佳奈 13年6月29日放送

AlexRK
雨が降る季節には アリストテレスとベアとトーマス

雨の匂いをかぐと
なぜか懐かしい気分になるのは
なぜかでもなんでもなく
科学的に証明されている。

1964年。
オーストラリアの科学者、ベアとトーマスが
ペトリコールとゲオスミンの2つの物質が
雨の匂いの正体であることを発見した。
それは濡れた地面からたちのぼる匂いだった。

その昔、哲学者アリストテレスは
雨の匂いは虹の匂いだといったらしい。

人間の想像力と科学の発達を横目でみながら
1000年前と変わらず雨は降り続ける。




タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login