薄景子 13年10月27日放送

Brief Gasp
おやつのはなし 向田邦子の水羊羹

砂糖壺にいっぱいの砂糖があったらなぁ
いつその日が来るんだろう

そうつぶやくのは、少女の頃の向田邦子。
食糧事情が最悪だった戦前に、
まわりの人を喜ばせたい一心で
さつまいもの茶巾絞りや、
アルミの大きな弁当箱で寒天菓子をつくった。

少女はやがて、お菓子を見極める天才になり、
南青山の水羊羹をこよなく愛したという。

 新茶の出るころから店に並び、
 うちわを仕舞う頃にはひっそりと姿を消す、
 その短い命がいい


向田邦子に書かれると、
おやつはみんな生き物になる。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login