2014 年 3 月 29 日 のアーカイブ

名雪祐平 14年3月29日放送

140329-01 © Mary Ellen Mark
その人になる ジョニー・デップ

愛してる、以外の告白の仕方。

映画『妹の恋人』で
風変わりな主人公のジョニー・デップが、

「愛してる、ジューン」
という場面がある。

それをジョニー・デップは
こんなふうに変えたかった。

「ジューン、僕はオネショするんだ」

彼の考えは、こう。

 笑っちゃうほどバカっぽいけど、正直だろ。
 オネショするなんて告白するのは
 愛してる、というのと同じ。
 ほんとうに愛してるからこそ、
 誰にも言えないような秘密を告白するんだから。

でも、その提案は却下され、
ストレートな、愛してる、になった。


topへ

名雪祐平 14年3月29日放送

140329-02
その人になる ハーヴェイ・カイテル

映画『デンジャラス・ゲーム』で
俳優ハーヴェイ・カイテルが告白するセリフ。

「人を殺したいという衝動があったから
 海兵隊に入った」

このセリフは海兵隊経験のある
ハーヴェイ・カイテルの本心だった。

 人を殺したいと
 思ったことがない人間なんて
 信用できない。

人間の原始の感情を探求することこそ人生。

俳優として、
情感や考えを表現することについて
こう話した。

 ぞくぞくする。
 銃をとる以上に勇気がいることだ。


topへ

名雪祐平 14年3月29日放送

140329-03 Jack Samuels
その人になる アル・パチーノ

映画『セルピコ』で新人警官を演じた
アル・パチーノ。

役作りのために、実在の人物と3週間、
生活をともにした。

ニューヨークの警察で、
組織の汚職、腐敗と独り闘う本人
に会ったとき、

 その目の中に
 心の広い一匹狼を見た。

と、アル・パチーノは言った。

もうひとつ、実在の男を演じた
『狼たちの午後』では
モデルの男には一切会わず、
独自の役作りに徹した。

この2つの映画、
どちらにも狼が、宿っていた。


topへ

名雪祐平 14年3月29日放送

140329-04 c.United/Everett / Rex Features.
その人になる ロバート・デ・ニーロ

体重の話。

シャーリーズ・セロン   +13kg
ラッセル・クロウ     +20kg
クリアスチャン・ベール  −30kg
ロバート・デ・ニーロ   −15kg
そして、
ロバート・デ・ニーロ   +27kg

俳優たちは役作りのために
自らの体重を見事に変え、化けてみせる。

映画の中の、その人になる。

デ・ニーロは撮影のために
歯まで矯正し、撮影後また改めて直した。

徹底したこだわりは
「デ・ニーロ・アプローチ」
という言葉まで生んだ。

この生身の人間の迫力。

コンピューター・グラフィックスで
再現できるだろうか。


topへ


login